2014年04月23日

自然に圧倒された週末 −徳合のしだれざくら編−

週末、徳合というまちを訪れました。

0420-1.jpg

わたしの田舎にも負けていない、のどかな風景。落ち着くー。

0420-2.jpg

しだれざくらの里。町を走り抜けて行く先々にいろいろな桜の木があります。

0420-4.jpg

咲き終わっても地面が桜一色でこんな楽しみ方もできるのね。

0420-3.jpg

公民館にいたお母さんたちに道を尋ねました。

公民館では寄り合いでにぎやかです。お母さんたちが追いかけてきてくれて

おもちたべてってー!って。

この頂いたおもちの美味しいこと!!愛情たっぷりのおもちです。

0420-5.jpg

ここの桜を世界一にする会というのがあるそうです。

0420-6.jpg

でも、のぼりを立てたり、派手な広告はせず、ひっそりとしたたたずまい。

0420-7.jpg

住んでいる人たちがとても暖かくてそういう空気にあふれてます。

0420-8.jpg

原田泰治の絵のようでしょ?かやぶき屋根と桜、すごく素敵。

0420-9.jpg

景徳庵というところで玉村豊男の版画展もやっていました。

こんなところで見れるなんて!

徳合の里


玉村豊男ウィキペディア


道もせまいし、案内もわかりづらいし。

それでも、いえいえ、そのせいか自然のままの光景がとっても美しい。

0420-14.jpg

どの家も風情があり、お花もたくさんいきいきと咲いてます。

0420-15.jpg

こんな南国風のさざんか?もこの町の景色によく似合う。

0420-16.jpg

小さな町を通過し終えるころにはその町のような優しい気分でいっぱいに。


そして、

0420-10.jpg

帰りは湯沢方面へ。夕暮れのこの時間、とっても神秘的。

0420-11.jpg

ここまで来ると普通に残雪が残っていてまた別ののどかな光景。

0420-12.jpg

一度見たいと思っていた美人林。

日没寸前に見れました。

0420-13.jpg

美人林の名前通り、美人美人。

夏にもう一度見にきたい!


たくさんの景色をあびて

桜をはじめたくさんのピンク色をあびて

清楚で潔い白色もあびて、

大地の緑もあびて、


自分の心がそれらのおかげできれいな空気一色にかわったのがわかります


命の洗濯ともいえるかな。


自然に守られて生きているんだね。


とても気持ちが充実した週末です。



posted by クロワールCafe at 20:00| Comment(0) | 自然・植物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。