2014年03月29日

特別展世紀の日本画@東京都美術館

朝Cafe後は上野に向かいまーすダッシュ(走り出すさま)

0329-1.jpg

上野恩賜公園の入り口のお花です。パンダをここまで関連付けるのかーと上野の意地を感じます。

でも、珍しくて可愛いよねるんるん

0329-2.jpg

さすが、公園入り口に立つ桜は「ようこそ!」といわんばかりに今日満開です。

今日は御徒町から歩いてきたので

0329-3.jpg

ご無沙汰の西郷どんに再会!わんこも。

初めて見たのはたしか小学校の修学旅行だったっけ。

0329-4.jpg

桜もいろんな種類があるけど、こういう濃いピンクも人気スポット。

0329-5.jpg

桜並木はすでに人がたくさん!わたしは足元のお花にも夢中になります。

クリスマスローズ。見事に下を向いて咲く花なのねー。

0329-6.jpg

それにしてもアジア系の外国人の多いこと!みんなタブレットやらカメラやらで桜に夢中ですカメラ

ブルーシートで夜通し場所取りをしている人たちもたくさんいて、

みんなひまやねーと思ったものの、こうしてぶらぶらしてる自分も変わらないか・・・と思ったりしてがく〜(落胆した顔)

0329-7.jpg

偶然、美術展とお花と二度美味しい土曜日になってよかった!

0329-8.jpg

いちのき、と書いてあるパワー感じるこの木も美しかったなー

さてやっとたどりついた東京都美術館

0329-9.jpg

毎回お約束のように撮影しちゃう可愛い椅子。

0329-11.jpg

気温もぐんとあがってきたので今日はコートも重い本とかもロッカーに預けて

身軽になって美術展に挑みます手(グー)

前期後期とがらりと内容が変わるので楽しみです。

印象に残った作品を3点ほどご紹介します。


かわいい小茂田青樹(おもだせいじゅ)の「虫魚画巻」

「虫とは声であり、形であり、色があるのであって、さらに近しく写生を重ね、心を通わせる必要がある」

蜘蛛の巣と蜘蛛、それに巣にひっかかってる虫がまさに心かよって写生したような作品でした。


かわいい岩橋英遠(いわはしえいえん)の「道産子追憶之巻」

壁三面を占めているこちらの作品は圧巻。夜から朝、昼、夕と絵が移り変わり、

春から夏、収穫の秋、冬山・・・と季節も移り変わります。

秋の場面では無数のトンボがたんぼを飛んでいます。物語のように読み進めるような作品。感動します。


かわいい守屋多々志(もりやただし)の「無明」

月に照らされた竹林と梅に囲まれた一本の階段。

いままでに見たことがないような赤と紫の間の微妙な色使いがまさにせつないような「無明」。


そしてわたしが好きな小林古径の作品は2点ほど?!・・・少なくて残念。

「孔雀」の繊細さはもう脱帽。

0329-12.jpg

今日買った唯一のポストカードです。「小林古径 孔雀」


前期と後期では前期のインパクトのほうがまだ強く、今回少々不完全燃焼。

さらに今回のポストカードのラインナップが少なすぎてがっかりバッド(下向き矢印)


まあそんなこと書いちゃいましたけど、日本の美術はこうして受け継がれてきてると今回も感じます。

今日は美術展入り口の映像もとてもよかったです。

画家のインタビューが見られるなんて貴重映像です。

その中でも印象に残った言葉をメモしました。

奥村土牛「(小林古径に)人としての生き方を教えてもらった」

片岡球子「34歳まで全く入選せず、30まで待ってくれたお婿さんとも破談になった。

 そんなとき母からの手紙に、“8人も子供がいて、一人ぐらい嫁に行かず絵を書いててもいい”、

 とありとてもほっとしました。這いずって今まできました。」

平山郁夫「人に安らぎを与えるようなものを作りたい、と思ってやってきた。遠くにいても日本を感じることがたくさんある」



などなど。たった10分の映像ですが、作り手の気持ちが分かるだけで、敷居の高い美術にぐっと近づけるような気がします。

美術って才能もあるでしょうけど、やっぱり根本は描く人の「心意気」なんですよね。

映像、よかったです。手(チョキ)


0329-13.jpg

今回のポストカードは今ひとつでしたが、ショップに素敵なカードがあり購入しました。

ピエール・ジョセフ・ルドゥテという人なんだあと思っていたらひらめき

偶然にも今日図書館で借りてきた「はじめての植物画」という本で紹介されているではありませんかexclamation×2

というかボタニカルアートでもっともポピュラーな画家さん目

こちらの本、自分も描きたいという思いで借りたのに、読んだだけでもうお腹一杯。だめだこりゃーふらふら


美術展もじっくり堪能したし、公園を楽しみつつ帰ろう。

0329-10.jpg

かわいくしだれつつ、ぽつり咲いている桜も可愛いねぴかぴか(新しい)

美術館を出てみると、来たときと比べ物にならないぐらい、公園がえらいことになってますがく〜(落胆した顔)

上野駅も混雑のため規制しているぐらい混雑〜。


混雑は苦手なので、逃げるように、避けるように、Home Townに帰ってきましたグッド(上向き矢印)

こんな混雑にお花見する人をきゃあ、ものずき〜目と思ってしまうわたし。

桜は見たいんですけどねー。




美術展に行くと、映画や旅行と同じ様にまた美術展に来るぞー!と元気をもらってきますねかわいいかわいい







posted by クロワールCafe at 22:48| Comment(0) | 美術館めぐり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。