2011年08月31日

15分あれば喫茶店に

saitoh.jpg
「15分あれば喫茶店に入りなさい。」
著者: 齋藤 孝/ 幻冬舎

久しぶりに齋藤 孝さんの本を読んでいます。
何冊か読んだことがあるというだけで、親近感がわいてしまい、読んでいると齋藤 孝さんが目に浮かぶようです。今日は読みながら笑ってしまいました。

どんなところで笑ってしまったのかというと、齋藤 孝さんといえば、三色ボールペンですが、いつも10本持ち歩いているそうです。10本も。
それからかばんにはいつも手帳、A4ノート、クリアファイル、電子辞書、三色ボールペン(10本ぐらい)、時計かストップウォッチを。
ストップウォッチってすごくないですか?
あとはペンは青色にこだわって黒は使わないところとか、いかにも齋藤 孝さんらしいなって。

ところが、笑っておきながら読んでいるとその理由が書いてあり、必要なものに感じてきます。
青いペンも使いたくなるし、ストップウォッチも欲しくなるのです。
それから、齋藤 孝さんの本を読みといつもわくわくしてくるのです。
自分にもまだまだ出来そうなことが具体的にやり方を教えてくれているからだと思います。

本の内容はまさにタイトルどおり、15分あれば喫茶店でいろいろなことが出来る、という内容です。
齋藤 孝さんは24項目、あげています。
人生の整理ができる、とか、人を見極める、とかすごい範囲の内容が、飲み物一杯の値段で時間の許す限りすごせるカフェはたしかにすごい。

自分のツール(ストップウォッチとか)をそろえて、上手に喫茶店を使いたくなる一冊です。

Croireがまさにこの本のようなすごし方をするお気に入りカフェがあります。
でももっと混んでしまうと困るので内緒ですけど。

いい空間ですよね、喫茶店というのは。


posted by クロワールCafe at 21:51| Comment(0) | Book
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。