2011年08月03日

東京オペラシティNight

日曜日はChiuraさんご夫妻、Motegiさんご夫妻にお誘い頂いて、東京オペラシティにいってまいりました。
オペラシティへは渋谷からバスも出ているので行き易く便利です。本数もけっこうありました。

リサイタルホールにて「ヴォーチェ・ローザ演奏会」を聴きました。
次々とステージに登場して、オペラの局を歌い上げていくのですが、まったくの素人のCroreもたくさん歌い手さん方をみていくうちに歌い方もさまざまなんだな、と興味深く拝見しました。

Croireがいいなと思ったのは体全体で歌っている雰囲気の方。
歌詞のストーリーに入り込んで感覚もすべて歌に込めて歌っていると一気に引き込まれるような気がしました。
「フニクリフニクラ」を歌った男性がまさにそんな歌い方で印象的でした。
※「フニクリフニクラ」はなぜか・・・日本では「鬼のパンツはいいパンツ」の童謡になっています。

それから渋谷に歩いていそうな今時のギャルのような女の子が若さを活かした遊び心あふれる赤のチェックのドレスで登場しましたが、見た目とはうらはらに迫力ある歌を披露してくれました。
自分の放つオーラって大切ですね。

同じ人間でも声の使い方がこんなに違うなんて・・・自分の声がまったく活かされていないようで申し訳ないような気がしました。

さて、演奏会のあとはオペラシティの53Fに行き、「カフェ53」で東京の景色を眺めながら乾杯しました。

0731.jpg
写真が大変ぼけていますが、とてもきれいな景色だったにもかかわらず、技術不足と酔っ払っていたみたいでまともに撮れていませんでした・・・。むしろよっている自分が写っているかも。
こちらは二時間の飲み放題1,575円です。東京の景色を眺めながら、飲み放題。すごいですねえ。
夕方から夜に変化していく新宿の景色が見れて最高でした。スカイツリーもきれいにみえましたよ。

その後は、地下に移動してEnglishPub「HUB」に。フィッシュ&チップスなど食べながら楽しい時間をすごしました。
Croire以外の皆さんは海外生活もしてらっしゃるし、いろいろ体験されているし、楽しく年を重ねている感じがいつも大変憧れています。
よく経営者の方たちで成功している人ほど謙虚だと言われますが、ご一緒させて頂いた皆さんもほんとにいつお会いしても親切で、感動します。
誘って頂いたこと自体が大変ありがたいのに、「きてくれてありがとう」とか「自分は留守でもちょくちょく家に来てあげてね」とか、すごくSmartに言ってくださる。

Croireは恵まれているなあと、昨日に引き続き大変酔いながら帰ってきました。

HUBのまん前のオブジェ。
0731-2.jpg


posted by クロワールCafe at 22:25| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。