2021年02月24日

吉田博展@東京都美術館

9B123C4D-4448-48EE-9173-DB1DE8F08510.jpeg
今朝はイッタラのツァイカで小豆ラテ♪

3E428CDB-E7CE-474D-BA71-4A1F4C7FF71E.jpeg
なかなか絵になるペンギンとシロクマだったので
調子づいて朝キャンドルも♪

D1F06A20-01DB-468A-B384-6F6D94A116ED.jpeg
さて、昨日行ってきた吉田博展。

2017年8月に初めて出会いました。吉田博展@損保ジャパン日本興亜美術館、再び!

FC973531-41E0-46B2-BFC9-682361FDC4E2.jpeg
没後70年展が開催されています。東京都美術館にて

まずは都美の写真から。
83E081C4-8619-4E3C-812C-867830ACFC8A.jpeg
美しくて毎回撮影。

B7AE4135-988A-4CA4-962A-0E12850292D5.jpeg
都美といえばこれでしょう!

D114A6ED-2BA0-4801-A7E7-D56044FB0C13.jpeg
そしてカラフルな椅子も好き。

97ADCE0B-552C-456E-8C16-27FCF36C73C3.jpeg
あちこちにみられる椅子。

36431A1D-10DE-4FD4-BAD7-36C1614547D2.jpeg
美術館が美しいというのはそれだけでも楽しめますよね。

2017年の吉田博展、良かったという感動だけ覚えていましたが詳細忘れていて
改めて作品を観ることができてよかったです。ボリュームもかなりありました。

6FCAF6C2-C11A-4AE5-8B9D-AF2F7AC440F7.jpeg
購入したポストカード、「雲海 鳳凰山」昭和3年

463A69AC-EF54-40A4-A10B-05A91DC3CCCD.jpeg
「瀬戸内海集 帆船 朝」大正15年(1926年)

636B698B-7514-4B9F-AE3A-AA21ED4E9166.jpeg
「日本アルプス十二題 剣山の朝」大正15年(1926年)

085A6AC7-9616-4589-B002-3B1BD195C3AF.jpeg
「瀬戸内海集 光る海」大正15年(1926年)

気が付けばあの時と同じようなポストカードのチョイスでした。
趣味は変わらないのね…

英語も話せない状況で妹と初渡米して絵を売りさばき
一攫千金を得ました。まさにアメリカンドリーム!

日本よりも海外で有名だという吉田博。
49歳から版画の道へ進んだそうですが作品にはこだわりぬいて
一枚の作品を仕上げるときに多い時で96回も摺ったのだそうです…

版画の作品、海の光を感じさせ、木の影もあり、
時間を変えると雰囲気もがらりと変え、まるで写真のようにも見えます。

再び繊細な作品を観ることが出来て満喫しました。


さて、昨日湯島天神の帰りに和菓子屋さん、つる瀬でお友達と
和菓子を購入しました。
D6BFC105-E3EA-4BD2-8B2B-97B923981F88.jpeg
可愛い〜、梅の和菓子です。

FB2A21DD-A289-4746-AE10-30C2629ECE75.jpeg
日本茶とともに美味しく頂きました。

02D2D7F8-C06C-4D4A-BA91-F184FBF141D3.jpeg
梅を目で見て、和菓子でも楽しんで、とてもいい散歩コースでした。


本日もありがとうございます。
包んでくれるすべてのものに。


posted by クロワールCafe at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術館めぐり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188430905
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック