2019年11月29日

一万回の握手。

42843D36-F0C4-4321-9342-3876782E040A.jpeg
とても久しぶりに薔薇を買ってみました。
自然の紅葉をこのところ楽しんでいたので、
少し、鮮やかな薔薇に少し慣れないていない気持ちも。

2EFD50EF-3568-4E55-A30E-5432DCDA1826.jpeg
久しぶりに晴れたから飛び出しました
イチョウ並木のグラデーション

E7ECD02C-0E61-4834-8AD1-9718F3BF2EC6.jpeg
雲形池の紅葉もかなり鮮やかになりました。
ホームパークこと日比谷公園です。
今日は人出もすごいよ。

53D7ABAF-79E5-4149-A492-6B94FC760D28.jpeg
ワンパターンだけど、わたしの好きな景色、藤棚ね!

087821E6-0596-488A-B40A-F1503CE118FD.jpeg
首賭けイチョウは日比谷公園の中でも一番人気だったかも。
足元は黄色い絨毯。

FA04B910-8C71-4FDA-AAEE-E2D4CC071E72.jpeg
みんなが撮影する場所てまはつまらないから裏へ裏へ。

8E3084E2-C6DF-4FD0-8B7F-0A7DDC62A70F.jpeg
密かなお気に入りスポットめぐり

4BA12651-26BE-4D10-8268-D3A06DF75BC1.jpeg
だんだんと赤く。トウカエデ。

CD30BFE9-2DC7-4479-AFBF-9525C5A9FC30.jpeg
こんな個性的な可愛らしい葉っぱなのよ

4734A157-5E9B-4B9B-ADBA-C08578FD2A10.jpeg
木の皮にぴったりおさまった赤い葉。
素敵な木の皮に抱きしめられて。

26943196-F44D-4A07-A1F0-02541BADB5CA.jpeg
気持ち良さそうな苔の上に休むのはピンオークの葉。

6A6FAC48-2103-4AFA-BE71-1B230E1E9C89.jpeg
これも密かに大好きな木になりました、ムクロジの木。

冬に近づいた空気だけど、
寒さよりも目の前の美しい自然が素晴らしい。

晴れた日はこんなに楽しめるのね〜。
お日様ありがとう。

さて、今日は素敵な言葉、というか、
文章をご紹介したいと思います。

先日オススメした本、黒田伊保子さんの「夫のトリセツ」から
藤竜也さんと対談した時の内容です。

一万回の握手

藤竜也さんは70代後半、6つ年上の奥様は、80代半ばにさしかかろうとしているという
ある日家に帰ったら、奥様がソファで眠っていらした。

急に不安にかられて、息をしているか確かめてしまったようだ。

それから藤さんは、毎晩寝る前に握手をしよう。
お互いこの歳になると、眠っている間に何があったっておかしくない。
これが最後かもしれないじゃないか。

というわけで毎晩、おやすみなさいの握手をするという。

そうしたら、
と藤さんは教えてくれた。

彼女の手が美しいんだよ。
もちろん血管の浮き出た老人の手だよ。
でも、美しいと感じるんだ。
目の前に若い女性の白魚のような手があっても、
ちっとも美しいと思わなくなった。

彼女の手が愛しくて、ときどき涙が出る。

わたしは藤竜也さんが好き。だからかもしれないけど
その光景が目に浮かび、泣けてくる。

それから、母のたよりない華奢な手を思い出してもなんだか泣けてくる。

知っている人の手はとても暖かくてホッとするもの。
握手というコミュニケーションはなかなか愛おしいものですね。

本日もありがとうございます。
包んでくれるすべてのものに。

素敵な週末を♪

posted by クロワールCafe at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186863538
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック