2019年10月24日

潔く削ぎ落として。

0D04ECEE-FDD6-43ED-B2AA-121DF97347A1.jpeg
真っ白の百合、気持ちがいい

48826D4C-9DCE-4851-8909-95FBF9167F92.jpeg
梅ジャム、デビュー!甘酸っぱさがいい!

1DE6E969-1DF5-4236-890A-998F2D97E857.jpeg
お仲間から頂きました。
和菓子教室でつくったそうです、和菓子可愛い!

さて、昨夜の俳句セミナー。
4F01B2CF-7737-45EB-B0D0-507CCF37CF47.jpeg
俳句にちなんだ素敵な名刺を用意してくださいました!
5種類も入ってます。

個人情報を隠すためのスタンプが邪魔しすぎていてごめんなさい!

B3851D98-D7DC-469C-9A5B-51C713E18D89.jpeg
秋らしいワンポイントが入ってます。
素敵なサプライズお土産、ありがとうございます♪

39E3228B-4CAD-43E8-AB75-8DF59E44EAA6.jpeg
「潔く削ぎ落として言いたいことを伝える」

五七五という限られた文字数に魂を。

先生の言葉には素敵なフレーズが散りばめられていました。。

「正しい俳句を。俳句は世界で一番短い詩。」

「五・七・五は日本人のDNA」

「俳句をするときは、個」母親や奥さん、娘といった存在ではなくは‟私”という「個」

「投句」(完成した句を提出)したら、その先は潔く、言い訳しない。

「捨てる言葉に魂を」


そして、いろんなことに通じるなぁ〜と思ったのは、
「残すためには何を捨てるか」

クロワールのブログでもたくさん詰め込みすぎて
もう少し潔く削ぎ落したらもっと素敵になるかもね〜、とも感じました。(*´з`)

俳句の向こう側には、‟生き方”も大切なものをどんどん絞っていく、
という共通のメッセージがあるのでしょうか。

短い時間に新しい世界をいろいろ学びました。
企画してくださったグッドクロスさん、岡田先生、ありがとうございました。


さて、定点観測になってきたお昼の日比谷公園。

230DDB21-F973-4848-8C9E-B3B352E9CE83.jpeg
久し振りの葉っぱラブ。

葉っぱだけでなく、蔦を愛する会、苔を愛する会も夢の競演してます。

9F014823-C938-4819-822A-15D3A56A2718.jpeg
いろいろな要素がそれぞれを引きたたせあうのも自然のなせるわざ。

128ADBC9-5B13-467E-8532-B2EFB3B13798.jpeg
ひらひらここに舞い降りた葉っぱ。なんだかほっこり。

今宵はこちらも久しぶり、Friendと上野NIGHT♪

69BF5F43-E4A8-4502-B484-28C62099E316.jpeg
ネギ塩牛タン丼です。

A5995ADD-4F91-4312-8BB5-097FDCFF89EC.jpeg
ご無沙汰です!幸運を呼ぶ「仙台四郎様」

3732F728-B9D8-433D-9803-AD8F2076484E.jpeg
食べ過ぎよ、と言いながら伊藤園ほうじ茶パフェ。
なかなかバランス良い美味しいパフェでした。

ささえられ星人、今日もたくさんの喜びに包まれて。

本日もありがとうございます。
包んでくれるすべてのものに。

posted by クロワールCafe at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Beauty
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186720707
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック