2019年07月24日

昨日のお楽しみと、今日の喜びと。

昨日の楽しかった空間を、コラージュ中心に。

7D4510BE-6A6E-4E73-BC43-7430FC9909E7.jpeg
まずは、ロッシニテラス、
1番角の特等席でコーヒーをいただきました。

そのあと、お堀が見える窓側のロッシニの席へ。

09027C1E-CB3C-47B9-B8CD-FCF81CD58F6F.jpeg
本日のメニュー、楽しみー!
ロッシニのロゴもとてもかわいいね。

34B27370-06A2-4140-8CF1-78F23045645A.jpeg
明るい時間からゆっくり頂くお食事。
バターの陶器もかわいいわぁ

873DBADF-23DD-43E4-84E6-4198B72EF610.jpeg
前菜、彩り鮮やか♪

0EB7E8B0-7BB2-4902-927C-181B9994DA3D.jpeg
ロッシニのオススメはローストビーフとカレー。
メインのお料理はローストビーフと海老をシェアしました。

AB55400E-98A0-48D2-B4DA-380B51B9CACF.jpeg
Friendと一緒に、美味しくて楽しくて、
わたしもついつい飲んでしまう夜。
店員さんの説明力にも感動したなぁ。

74B3E5E4-B782-4522-828A-26CD19ED3FBA.jpeg
メイン料理の時点で相当お腹もいっぱい。
ローストビーフはまるでステーキのような厚さ!

別腹になれるのがデザート。
Friendの分まで平らげるわたし。
デミカップ、珈琲が香ばしくて美味しかったなぁ。

・・・ここまででも「充分盆と正月」ディナー。
でもまだあるの。

帰り道。美しいバカラ店舗の前にはりつくように酔っている二人組。
94C794F4-BC59-4755-AA8F-493DD93CC1EA.jpeg

そしてバカラの照明の下には地下へ続く怪しい階段。
導かれるように降りていきましょう!

028904C7-D4BC-4DAF-9DDE-E79FEB511F0F.jpeg
ドアを開けるとバカラの美しさ広がるB bar。

7CB51C4F-40C5-4D08-8EC6-8AA99B3CC82F.jpeg
このバーだけで十分バカラの魅力が伝わようでした。

5B7975ED-1232-48B7-A444-AD09E6652687.jpeg
トイレの近くにはまねきねこバカラ!

EEB3F6F6-85E4-4BD6-956B-FEC35C6358C6.jpeg
Friendでなければ絶対に入らない、いえ、入れないBarを楽しみました。

これはもう冥途の土産までできてしまいましたよ。笑

2EFE7A92-E0A4-49DF-8811-0CB85B202F18.jpeg
優雅なひと時をFriendとあれこれ話ながら過ごしました。
今日は多少の二日酔いを引きずりつつ?!
気持ちはとても充実、チャージされました。

Friend様、学ぶこともたくさん、ありがとう。

さて本日、
5AFAF3EE-842B-442A-8907-C11023EF7DCC.jpeg
1時間前は大粒の雨だったとは思えない夏の空!

0CE79DA9-454C-4352-A47C-441B8FDBCE79.jpeg
ランチタイムのベンチから見える空も夏の空。
ここは木陰で風も通るから心地よいのです。

D023605C-A12C-45CC-9189-7B3C86171A18.jpeg
足元はアートの世界、ハマっています。

8313B5B9-278F-4941-B74A-F68843750F52.jpeg
空の世界は忙しいけど、足元も実は盛り上がってます

7DE99069-1714-4ED8-9516-57F7180EC05C.jpeg
今日もこんなに鮮やかな世界があるの

35987470-0C54-4FDA-B09B-F21705DB7D1C.jpeg
蒲田治療院デー。
夫婦橋から眺める向こうの雲も夏空。

BDDF7F45-51F2-47BF-901C-36C52CA80E30.jpeg
反対側の京急蒲田駅越しの雲も夏っぽく。

暑さに弱いので、少しおびえつつ、
昨日の時間も今日という進行形の時間も大切に。

本日もありがとうございます。
包んでくれるすべてのものに。

posted by クロワールCafe at 22:30| Comment(2) | TrackBack(0) | Friend
この記事へのコメント
ほーんとに、素敵、
飲んでなくても、こちらも、酔いそう


バカラ!!!
ワンダフル(古いね)
見とれてる様子がつたわりますよー
Posted by アマルフィ at 2019年07月25日 21:23
アマルフィさん
ありがとうございます。
お店で商品を眺めるよりも、もしかしたら商品の美しさや良さがわかるバーかもしれません。
キラキラ輝くグラスはときめくー。(*'▽')
Posted by クロワールCafe at 2019年07月25日 21:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186322237
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック