2019年03月15日

イギリスの日。

644EE57C-E604-434B-B931-55A45CDBA498.jpeg
アネモネ。たまにはこういうお花も楽しみたい。
朝顔みたいに夜は閉店、閉じてしまいます

012E1164-B628-432C-B240-F865934278FE.jpeg
お弁当持って交通会館のガーデンに来ました。真っ白な沈丁花きれい。

さて本日のお楽しみはシネスイッチ銀座にて。
CF362ECF-A2F9-4C82-BD49-9C8083153DA4.jpeg
マイ・ブックショップ ―私と本との一期一会―」

舞台は1959年、イギリス東部の海辺の小さな町。
主人公フローレンスが本屋さんを始める物語。

主役のエミリー・モーティマーのおだやかな笑顔が素敵。
洋服もおしゃれ、部屋の内装もウィリアムモリス風であこがれてしまいます。
ラブ・アクチュアリーに出ていたビル・ナイのシーンは泣けてしまう。

舞台となったイギリスの景色も静かで美しく、BGMもしっとり加減がほどよい感じ。

勇気がもらえる映画かな?と予想していたら、まさにキーワードの一つが「勇気」でした。
良質な映画を観たなぁ、としみじみ浸ります。

そんな余韻に浸りながら入ってみたいカフェへ。
F43A92AD-4219-4BB8-BB46-483C7CA0B0FA.jpeg
シネスイッチの近くにある、「炭火焙煎珈琲 凛」。
階段を1段上がるごとに珈琲のいい香り。

54EC7790-95FD-4BF5-95C9-0C2A51B0048D.jpeg
トイレのお花、美しい。やっぱりこのお店ビンゴ!(死語?!)

F4EAA81E-7B00-4D72-9DB2-96247E8AA7A2.jpeg
お砂糖の器はAynsley(エインズレイ )

B26348EC-40CA-47D0-B04C-48479B8D0476.jpeg
飲み物だけでも良かったのですが「初めてだから」、とよくわからない言い訳つけて
ケーキセットを注文しました。

ヘレンドのカップ来ないかな〜♪なんて思っていましたが、本日はAynsley(エインズレイ)!

3D4CA4DB-516F-4ECA-B1CC-73C61102F260.jpeg
ケーキのお皿は「コテージガーデン レッド」。和風だね!

ケーキはココアロールにしましたが、粉は使わない大人のココアロールと
書いてあった通り、甘みはあまりなくこれはいいね!というお味でした。

6F0664FB-F5E6-4200-A432-9749D474473B.jpeg
コーヒーを飲むほどにお花が出てきます。
Aynsley ペンブロック。

Aynsley(エインズレイ)はイギリスの陶磁器メーカーです。
たまたまとはいえ、イギリスつながりのカップのチョイスに感動。
しかもこんな真っ赤のカップに出会えてときめく♪

73C5D632-5381-4803-A316-E220269F6F8E.jpeg
総集編。イギリス満喫の日。

そして、カップを楽しめる理想のお店についに出会ってしまいました。
映画もカフェも頻繁にはこれないけど、お楽しみコースを楽しみにして過ごせそう。

本日もありがとうございます。
包んでくれるすべてのものに。

どうぞよい週末を〜♪、明日は寒そうっ!

posted by クロワールCafe at 21:50| Comment(0) | カップを楽しめるお店
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。