2018年03月26日

堀文子@ナカジマアート銀座

オフィスの入り口に飾られたお花は、
image.jpeg
可愛らしいピンクの乙女椿ちゃん♪

窓際は、
image.jpeg
こちらも美しい木瓜の花。

美しいお花にかこまれて仕事できるなんて
ラッキーな環境ですよね

さて本日は。

image.jpeg
この写真に書いてある堀文子展行けずじまいで終わってしまいました。

日曜美術館で紹介されていて、遠いからなぁ、とすぐに諦めてしました。
今思えば、諦めず時間かけて葉山まで行ってみたらよかったなぁ…

そんな気持ちで、銀座のナカジマアートさんに行きました。

堀文子作品は今ほとんど展示されてなかったのですが、
堀文子さんのことをいろいろ教えていただいたり、
ショップのポストカードをたくさん選んできました。

image.jpeg
たくさん選ぶつもりはなかったのですが
どれもこれも美しくて…10枚にやっと絞りました。

image.jpeg
堀文子さんは好奇心旺盛な方で
同じものを描き続けることはないそうです

image.jpeg
世界中のあちこち旅行されてます。
70代以降精力的に取り組んでるとか。

image.jpeg
女性らしい柔らかそうな作品かと思いきや
揺るぎない強さというものがしっかり出てますよね〜、とナカジマアートの方。

image.jpeg
住む場所もなれることを嫌い、スイッチの場所を覚える頃には
次なる地へと引っ越されるようです。

現在は葉山だったり軽井沢だったりと過ごしているそうです。

image.jpeg
ナカジマアート5階入り口にかけられてるプレート。
「堀文子の部屋」
ご自身で書かれた文字だそうです。

黒柳徹子さんともお友達で、徹子さんをイメージした
作品はレプリカですが徹子の部屋にも飾られているそうです

本もたくさん書いています。
日野原先生との対談本もありました。

早速わたしも何冊か本の予約しています。
生き生きと生き続ける堀文子ワールドの扉開くのが楽しみです

堀文子さんの印象に残った言葉を最後に紹介します。

「 息絶えるまで 感動したい 」

…すごい言葉です。

ポストカードではあまり伝わりませんが
今度こそ本物の作品を観に行こう!と、
行きたいリストに加えましょう。

ナカジマアートにいらした可愛らしい女性の方が
一生懸命、堀文子について語る姿もまた感動のひとときでした。


本日もありがとうございます。
包んでくれるすべてのものに。


posted by クロワールCafe at 20:08| Comment(0) | Beauty
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。