2017年10月23日

台風の月曜日。

田舎は、寒くて大雨の夜でした。
夜中に土砂災害警報を知らせるお知らせが爆音でスマホから鳴りました。
寝付くまで時間を要しました。まぁ、そう言っても寝れたけど。

image.jpeg
今朝も強い雨で始まります。

image.jpeg
庭には紅葉も始まって美しい景色がありますが
雨でなかなか近づけません。
散歩も無理ね。

image.jpeg
ハナミズキも赤い実をつけ可愛らしいのですが
とても寒そうに見える。

image.jpeg
紫式部も雨に打たれてます。
紫輝くいい季節なのにね。

我が家は朝飯を食べ終えた瞬間から停電になりました。
後からわかりましたが、倒木による周辺一帯の停電でした。

今時の停電だからそのうちに、と甘く考えてました。

テレビも、電話も、コタツも、ヒーターも、
ポットも、照明も。
なにもかも電気の時代だったことを痛感します。

お茶を飲もうと電気ポットを使いそうになる母、
診療所にやってるか聞こうと電話機を持つ父。
暗いから電気をつけようとする私。
生活の中に電気は当たり前。

それにしても、朝飯を食べ終えた後だったことは助かりました。
Mother Terukoさんが、私のためにと早くから準備してくれていたおかげです。

でなければ
ご飯も電気ですから炊けなかったし。

停電してから数時間だった頃、
隣のおばちゃんに声をかけられました。
どうやらおばちゃんはだいぶ経過してから停電に気づき
なおかつ、自分の家だけなんだと思っていたようです。

田舎あるあるというよりも、
過疎化した高齢者社会の現実です。

お昼過ぎ、私が帰る頃も停電は続き、
結局約5時間に渡りました。

寒い季節の停電、夜まで長引かずに済んだので
とても安心しました。

image.jpeg
バスからの景色もまさに台風直後の光景です

ローカルバスは大きなバスにお客は私のみ。
その結果、運転手さんと喋りながらアットホーム。

image.jpeg
運転手さんは対向車が来ると止めて、
お互い車の窓を開けて停電情報を交換します。
これも田舎あるある。

image.jpeg
途中、電力会社の人がまさに電柱調査をしていて、
もちろんそこにもバス止めて声をかけてました。
原因まだ分からず一つずつ見てるからまだかかりそうだ、と電力会社の人。

雨の中、作業員二人きりでやっていて大変そう。

image.jpeg
裾花ダム。
風の影響で木の欠片がたくさん浮かんでます

image.jpeg
今回の帰省は珍しく雨続きとなり、
紅葉を楽しめなかったことが心残り。

とはいえ、温泉も行けたし、ティータイムもよかったし、
きっと母の役に立てたし、と自分をなぐさめ。

雨の中、今日もMother Terukoさんは見送りしてくれました。

不良じじぃ?
もちろんコタツで寝たままじゃあね〜です。
…ええ。そういう人です。

今回、
厳しいことを言うようだけど、
と前置きをして
家の片付けとかできるうちに少しずつでいいからやってね、
それは父と母の責任だからね、

思い切って説教モードの私ですが、
そういうときは自動的に耳に入れない特技を持つ不良じじぃ。

敵もさる者。

高速バスも運休となってしまい、不良じじぃに少しお財布助けてもらい
新幹線で帰りました。

それはそれ、これはこれ。

image.jpeg
新幹線、上田まできたらもうこんな感じ。

image.jpeg
次なる佐久平もすっかり台風一過

image.jpeg
軽井沢も青空広がって。
軽井沢からのる人たちはダウンなど完全に冬支度。

image.jpeg
あぁ、青い空が心から嬉しい。
紅葉の中をドライブしたい。

なんとかもう一度そんなチャンスを。
と思いながら新幹線にて長野を通過しました

台風は怖いですね
平穏の日々がいかにありがたいことなのかもわかります

今回はいつも以上に
ご先祖様に守られてること、感じました。
いつもありがとう、と。


雨降り、台風、など自然の営みを想ったり

それから
羽生結弦や村田諒太、
ひたすら前に進むスポーツマンのかっこよさにしびれたり

そして今回も、
母や父を見て自分のこれから想ったり

それらのことに包まれて
静かに過ごす時間でした


本日もありがとうございます
包んでくれるすべてのものに。




posted by クロワールCafe at 21:34| Comment(0) | 自然・植物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。