2014年11月26日

和菓子を楽しむ会「小ざさ」@吉祥寺

先日の三鷹散策の日に、吉祥寺にもぶらりと立ち寄りました。

image.jpg

想像以上に間口の小さなお店。

今までで一番小さいかも。

こちらのお店は羊羹が一番有名だそうで、その羊羹を手に入れるためには

朝の3時、4時にならばないと手に入れられないそうです。

お店の方が木べらで丁寧に丁寧に作り上げる羊羹、幻ですねー。


今回はせっかくなので最中を買おうと割合軽いのりで行ってしまいました。

お店をやっと見つけたーと思ったら、開店まであと少しの時間で、お店では最終ミーティングのようなものをやってました。

ふうん、なんて思ってたら、ちょっとあんた!とおばちゃんに声をかけられ振り向くと…

わあー、通りの向こうに長蛇の列!

お店探しに夢中で気づかなかった!

image.jpg

そっかあと列に並びました。

そのあともどんどんお客さんが並んでいきます。

並んでいると、これは最中の列?メンチカツの列?と聞かれることも。

そう、となりのお店はよくテレビでも話題になっているメンチカツ屋さんの列が。

こんなせまい範囲ですごいね!

最中の列はどんどん進んでいきます。

image.jpg

それにしてもみなさん、何十個も購入。大きな袋抱えています。

そんなに大量の最中をどうするの…?と聴きたくなってしまいますが。

image.jpg

わたしもいくつかまとめて購入しました。

こちらの最中、今時とは思えない、一個61円。

小豆あんと白あんの二種類があります。


地震で緊張感が続いただろう田舎にも少しお裾分け。

美味しいお茶の時間を楽しんでほしいです。

image.jpg

自分用にも白あん、小豆あん両方買いましたよー!

優しい甘さ。そしてこの形が独特で可愛いですねー。

お菓子箱の中にはお店の方がずうっと今まで心を込めて作ってきた、というような内容のメッセージが入ってました。

こういうまっすぐなところも和菓子屋さんの魅力の一つとも言えると思います。

餡のうんちくはわからないのですが、和菓子は特に作り手の愛情がダイレクトに伝わってくるような気がします。

わたしも美味しいお茶のひと時をこちらの最中と一緒に過ごさせてもらいました。

最後の一つは明日のお楽しみに♪♪


posted by クロワールCafe at 20:36| Comment(0) | 和菓子めぐり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。