2019年04月13日

さくら・2019 −京橋・八重洲・ホームタウン−

3981C95B-54BB-4AE3-A0A1-69D8BCFCA7D0.jpeg
クルミパンとともに始まる朝カフェ、ヘレンドのナルシスカップにて。
予定より早めに起きれたからゆっくりめ〜

EB443A9F-2964-4483-A8AF-C03446FD1B31.jpeg
京橋区民プラザからスタート!
そう、終わりかと思っていた(でしょ?)桜はまだまだ美しいいのー!

4B7E8E9F-39E3-4BFC-92EF-2CBE6369D2A5.jpeg
樹の下からのぞくとこんなに素敵な世界が。
でもなぜかここでもまわりは外国人だらけ。

EAD104F2-FAED-40EE-9FFE-72364A3AB7B0.jpeg
プラザの前に小さな公園があり、桜も新緑も楽しめるのです

AB1D204A-EF47-4E55-88BA-6D42AAA7E19F.jpeg
八重桜も見ごろ!濃いピンクが目立つ。

D354A5F4-8F0C-49DA-9E37-BF79FFF48294.jpeg
八重桜はなんで無意識に美味しそうと変換されるのかしらね

C87AA3FD-6E70-446F-B424-A3C317A9DB05.jpeg
新緑もまぶしい。きれいな光景みるだけで一日がよくなると確信。

Yukariさんの声に導かれ、今日も体ほどいて心ほどいて。

肉体としての身体、体、心の三位一体。
身・口・・意、体を変えて、言葉をかえて、意識を変えて。

学べる、学びたいと思える環境にありがとうを。

F89D405C-65CA-41C5-8B48-2B63E44959C2.jpeg
帰り道、京橋の歩道脇は黄色のチューリップがずらり。
反対側は赤いチューリップずらり。

9EFA5642-4B73-4AE6-A6D9-AA4C30727373.jpeg
帰りは東京駅まで歩いて電車代節約&散歩。
桜、八重洲付近も美しいね

077675D1-F419-4A55-A780-6ECCFF5A18AE.jpeg
胴ぶき桜も八重洲の空の下で。

C966DD8E-92A5-4246-A967-5AA3F5D892C5.jpeg
八重洲口の近くに一本の枝垂桜、目立ってます。

6314CC14-57B9-4E55-986C-AC890D97AB2B.jpeg
下からみると降り注ぐように小ぶりの桜。

6982C015-A064-4B8D-8A34-7E99AFF0D749.jpeg
ホームタウン帰ってきました。
窓から見る桜、今日もこんなに美しいよ

3C2BC5FE-84F6-4430-94DB-5F11680ED527.jpeg
角部屋のどちらの窓からも桜がみえます
なんてすばらしい環境に恵まれてるのかしら。

1E557408-84C5-4E13-A9B5-DCA4C69F8D8F.jpeg
いつもみる桜はさらに愛着がわきますねぇ、ええ子や。

帰ってきたら洗濯や掃除にとりかかり、そのあとほっとTea Time。
今日はTea Timeに昨日の本「はじめてのHygge」を読み始めました。

冒頭の「Hygge(ヒュッゲ)とは」から一部引用します。

*〜〜* Hygge(ヒュッゲ)*〜〜*とは


・生き方の質にかかわるもの、人やものと一体感を感じること。

・暖かく、安心できて、心地よく、守られているという感覚のこと。

・自分は価値ある人間だと認識すること。

・私たちを支え、肯定し、勇気と安らぎを与えてくれる人や場所と心を通わせること。

・実践すれば、周りの人と親密になり、つながりが生まれます。

・豊かさ、満足感を味わうもので生き方にかかわるもの。


きっちり定義できないもので、感覚的なものだそうですが、
本の著者 ルイーザ・トムセン・ブリッツは上記あげています。

2E52EF00-D444-437B-9716-759138FFCDC5.jpeg
読み始めたばかりですが、
ソファでこの本を読む時間、
珈琲をいれて、可愛らしいおやつとともに過ごすTea Time、
こうして、好きなことをクロワールカフェに綴ること。

どうやらこの心地よい時間、まさにHyggeしてるようです。

ゆっくりと本を読み進め、HyggeとCroireはどんなことになっていくのか楽しみ。
心地よく、満たされた時間のヒントがありそうよ。

西日が差してオレンジ色の空間になってきました。

本日もありがとうございます。
包んでくれるすべてのものに。

9D41CA54-6EAD-457A-ABC4-444832FD49D0.jpeg
posted by クロワールCafe at 17:20| Comment(0) | 自然・植物