2018年11月18日

田舎最終日。

EFCF1310-2FC3-464F-BEAF-59054E419F0C.jpeg
田舎のバスに揺られて長野まで。

車で母を迎えに行き、今日は温泉からスタート。
青空広がりとても気持ちいい陽気。

温泉も比較的空いていて、
いつもよりゆっくり過ごしました

遅めのお昼だったのでティータイムまでたどり着けず
母をまた送り届けました。

帰り際、母はいつも安寿と厨子王の話をしては寂しがりますが、
その話を知らないわたしはピンと来なくて、
父が好きだった握手をして立ち去ってきました。

33DB2B64-19B6-4050-9972-25818106E3B9.jpeg
ドライブ中の並木道や遠くの山々は色づいて
どこまでも車を走らせたくなる景色が続きました。
写真の建物は長野市の裁判所。

田舎でのドライブ時間というのもわたしにとっては
なんとも言えず貴重な、いい時間です

BB6704D2-0F87-450F-AC67-0EB27FBEC969.jpeg
夕暮れの写真。

この時間、せつなさを覚えるのは母だけでなく、
夕暮れ切なくなる人の方が多いのでは?とおもうけど。

最近の長野への帰省は、
父を近くに思う帰省ともなりました。

さて、田舎時間から、日常時間へと感覚を戻していきましょう

本日もありがとうございます
見守ってくれている父や、
包んでくれるすべてのものに。


posted by クロワールCafe at 20:45| Comment(0) | Mother Terukoさん