2018年03月10日

ヘレンド展@汐留ミュージアム

image.jpeg
汐留の空。
青空は気持ちいいけど空気は冬のように寒いっ。

image.jpeg
やってきたのは汐留ミュージアム。

「ヘレンド展」

image.jpeg
ポスター見るだけでときめく。

image.jpeg
190年余の歴史を持つヘレンド。
その中には戦争もあり、何度も苦境がやってきました。

放火されて窯が全焼することもありました。

image.jpeg
それでも歴史を守りながら、改革しながら
新しい道も探し、発展し、今のヘレンドに繋がってます。

image.jpeg
緻密で、繊細で、
とにかく美しく、わたしは特に色の組み合わせが大好きです。
どれも全て手作業です。

image.jpeg
スープ入れの蓋の部分はカットしてあるレモン。

美しいだけじゃなく、お茶目さもふんだんに取り入れられてます

image.jpeg
例えばこちら、蓋や取っ手は全部蜥蜴。
そして全体が透かし彫り。
黄色と水色が最高。

image.jpeg
カップ&ソーサー。
ビビッドなピンク紫とターコイズブルー。
本当に、めまいしそうな色の組み合わせ。

image.jpeg
ヘレンド作品の中で有名なローズ。
こんな陶器でティータイム過ごしたい

image.jpeg
パナソニックショールームの中のテーブルウェア。
こんなディナーとかティータイムやってみたい

入り口でヘレンドのプロモーション見ましたが、
現在ヘレンドで働く人は絵付けする人も含めて1700人。

中国から伝わった陶磁器を少しずつ自分たちのものにしながら
試行錯誤を繰り返し、
時にはヴィクトリア女王から発注を受けたり
また、破産したり、様々な時代をくぐり抜け
どの時代もその時代を取り入れた作品に取り組みました。
日本のエッセンスを取り入れた作品も多くありました。

美しくて、繊細で、
描かれた植物や動物は皆生き生きしてました。

綺麗すぎて脳が刺激されたり、
いいものを見た感覚がわたしの元気につながりました。

美しいってすごいなぁ


最後の一枚はおまけ。
image.jpeg
パナソニックのトイレのマークが可愛らしい。

いつかはヘレンド!

今も頑張ったらカップアンドソーサーは買えるのかもしれないけど、
金額ではなくて、
そういうことではなくて、
わたしの暮らし方がまだヘレンドに見合ってないから…。

いつかはヘレンド。
それを楽しみにしているのもいいかなぁと。


本日もありがとうございます。
包んでくれるすべてのものに。


posted by クロワールCafe at 21:36| Comment(2) | 美術館めぐり