2017年10月02日

ありがとうの神様 ー 小林正観 ー

image.jpeg
紫陽花の葉っぱ。

花は咲いてなくても紅葉して美しい。

ハナミズキの葉も今とても美しいですよね。

年を重ねると、そんな感じ方もできる。笑


image.jpeg
お仲間が窓辺に添えてくれました。

先を見越して走る仕事なので
なかなか季節感が感じにくいから、と。

こういう場所があるとホッとしますよね〜

image.jpeg
ハロウィン繋がりで?!
実家から送ってもらったお野菜

坊ちゃんかぼちゃ。

ホクホクしてとても美味しいのです。
もっぱらかぼちゃ煮ばかり作ってます。

最後の一つになった坊ちゃんかぼちゃ、まだ出番待ち。

あと一個と思うとなかなか思い切れない…。


さて、本のご紹介。

image.jpeg
久しぶりに手元に届いた正観さんの本。

「ありがとうの神様 」


何回か読んでるので読み込むというよりは
パラパラとめくり、今の自分に響くところを読んだりしてます

なるほど〜と改めて思った言葉を。

〜〜〜

人生相談の98%は
「相手を自分の思い通りにしたい」
というもの

ぅわぁ、ほんとそう!

とか。

「ツイてる」と考えている人は、
一生、お金に困らないらしい

とか。


「人に何かをしてあげること」は、
体の痛みはなくなるらしい


あっ、そうそうこれも響きました。


人生の前半は「手に入れていく時間」
人生の後半は「手放していく時間」


う〜む。なるほど〜。


自分の「命」を、
だれかに「使」ってもらうことが、「使命」


大切なことは「学ぶこと」ではなく「実践すること」


こんな風に、うわぁ〜、と思う言葉がどんどん出てきます。


何も起きないで、
日々を普通に過ごせることは、
じつは「奇跡の連続」。

この言葉だけでも、
何度読んでも生きてる奇跡を思う。

あと数日、この本の中の言葉を
自分の中へ送り込みたいと思います。


本日もありがとうございます。
包んでくれるすべてのものに。


posted by クロワールCafe at 20:09| Comment(0) | Book