2017年09月21日

オロロ畑でつかまえて と、 ときどき旅に出るカフェ

本日は本のご紹介したいと思いますがその前に。

image.jpeg
先週末、長野で食べた黄桃ちゃん。

image.jpeg
スチューベンにプルーン!

秋の果物、どれも甘くて美味しい〜

しかもめちゃくちゃ安くて東京ではありえない。

たとえばプルーンいっぱい入った袋100円とか、黄桃4つで300円しなかったり。
すごいなぁ〜、と改めて思った。


さて、本ですが1冊目。

image.jpeg
オロロ畑でつかまえて ー萩原 浩ー

私の田舎のように、かなりの秘境に住む青年団が村起こしにすべてをかける、というストーリーと
東京の弱小広告会社が、倒産目の前に社運をかけたプロジェクトというストーリー。
それが合体すると…爆笑してしまうほど面白いことに。

著者が要所要所にユーモアをちりばめて、だけど途中ハラハラもしたり
飽きさせずあっという間に最後へたどり着きます。

田舎の度合いがわたしには他人事ではないぐらいよくわかることが多く
そちら側の立場にもなって読みました。

楽しくて、純な一冊です。

弱小広告会社の続編もあるようなので読んでみようと思います。


次の本ご紹介の前に。

image.jpeg
先週末初日は読書会!

みんなの持ち寄った本はさまざま!
どれも楽しそうな本ばかりです。

わたしは本を持たない派とかっこよさそうに書きましたが
正確には予算的に買えない派。
もっぱら図書館で借りるのがデフォルトです。

本を持ち寄る代わりに、
image.jpeg
Croire文庫と題して簡単な新聞を書いていきました。

本好きの方たちに病んでもらうのは恐縮だけど
ひらめいたままに書きました。

いい本に出会うためのツールや、
感動した本当の出会いなど書きました。

好きな世界なので、書くことは楽しい作業でした。


さて、2冊目。

image.jpeg
ときどき旅に出るカフェ ー近藤史恵ー

短編集で出会った著書にひかれ、
検索して
次はタイトルに惹かれてかりた1冊。

見た感じもとても素敵な本ですが中はもっとステキ!

きっとそれは主人公と重なる自分と、理想的なカフェが描かれているから。

久しぶりにブクログで五つ星にした一冊です。


余韻に浸りたくなる、爽やかな風が吹き抜ける一冊でした。


暑さが落ち着き、本が読みやすい気候になったこともあり
このところ読み続けています

image.jpeg
図書館。こない時は全く来ないけど、たくさん重なる時は重なる。

おそらく、海老蔵の奥さままおさんのブログの影響かな?
借りにくなった小林正観さんもようやく届いたし、
いろんなジャンルの本が急に届いたよ。

週末を挟みながら1冊ずつ楽しみます。
読書の波に乗っています。


さて、本日のおやつ
image.jpeg
コーヒーアイスの差し入れ!
大好きなコーヒー味。美味しい〜


image.jpeg
帰り道、久しぶりに日比谷公園経由。
いつもの池っぷちミケニャンコの近くには鳥ちゃんもくつろぎタイム。

猫のお姉さんに公園のベンチで再会しました。
数日姿が見えないクロネコひめちゃんを心配して来ていたようです。
優しい方ですね

image.jpeg
今夜はyoと新丸子にて夕ご飯を。
ポークカツレツと、

image.jpeg
シーフードグラタンをシェア
お味噌汁も美味だし、いいお店。

yoが教えてくれた新丸子は、なかなか楽しいお店ばかり。

ハシゴまでしちゃって、
image.jpeg
ドトールの北海道ソフトクリームも。

あ、今日は二つもソフトクリーム食べてしまった…。

一日の中にはいろいろなことが起こるものですね。
そして今日は長くなりました。


本日もありがとうございます。
包んでくれるすべてのものに。



posted by クロワールCafe at 22:43| Comment(0) | Book