2017年04月11日

玻璃の天 ー北村薫ー

image.jpeg

ベッキーさんシリーズの二冊目。
今回、運転手ベッキーさんの秘密も明かされてきます。

主人公英子とベッキーさんの知的さが漂う雰囲気に包まれ、背筋がしゃんとするような気分。
著者の表現力が、日本語の美しさとむずかしさが入り混じり、一段上の世界を歩くように読んでいます。

当時の銀座はこんな感じかな?!と具体的なイメージが浮かびます
この時代独特の、めきめき発展途中の東京、
だけどどことなくグレーな暗さも漂う空気感も伝わるような気がします

ベッキーさんの印象に残った言葉。

「水中の魚に、己を囲む水は見えないものだと思います」

思いもよらなかった。
私たちを包む空気というものが当たり前ではなかったのだなと今さら感じました。

まだまだ女性にとっては自由とは遠いこの時代、
だけどきっと主人公英子やベッキーさんのような方もいらして
そして、そのおかげで今の私たちがある。

只今、最後の三作目に突入中。
どんな終わり方になるでしょうか、楽しみです


さて、昨日予告した6コマタロちゃん。

image.jpeg
最強に可愛らしさを出すのはおやつの時。

image.jpeg
反省中。
ではなく、ひたすら待て中。半端ない集中力。

image.jpeg
脇目も振らず。

image.jpeg
素晴らしい手の使い方。

image.jpeg
うめぇ〜、 ガツガツ

image.jpeg
…あのー、無くなったんですけど。

ーENDー


image.jpeg
昨夜、洗濯しながらふと外を見たら!
あら、満月!

見て欲しくてその思いがわたしに伝わったのね、といいように解釈して。
綺麗な満月、少しでも見られてよかった
今日は一日雨だったしね〜

本日も早寝して早起きしよー。


現役引退を表明した真央ちゃん。

真央ちゃん、おつかれさまでした。
ソチの真央ちゃん、いつ見ても泣けるわ。
美しい真央ちゃんにたくさんの感動もらいました。
ありがとう♪


本日もありがとうございます
寒かった1日もこうして1日穏やかに過ごせたことに
大好きな画家さん…北原白秋じゃなくて…と、
ど忘れした菱田春草の名前を思い出せたこと。
包んでくれるすべてのものに。



posted by クロワールCafe at 19:14| Comment(0) | Book