2013年07月30日

犬の気持ち。

0730-1.jpg


今日のYahoo!ニュースで富士山から無事に下山した犬のニュースをみました。


そこでわたしが購読している犬猫の支援団体から届いた新聞のニュースを思い出しました。

数年前に犬の写真展を行っていてこの団体の存在を知り、年に数回、新聞が届きます。

マオネット

里親探しや保護を行っています。


昨年12月にニュースになった犬をご存知ですか?

以下マオネットの記事を引用させてもらいます。



大平街道の犬騒動


昨年12月に、こんなネットニュースが目に留まりました。

長野県飯田市の大平街道で、一匹の道路脇で飼い主を待つように座り続けているのをある夫婦が見つけた。

(多分新聞社にもこの夫婦が話したと思われる)

犬はやせ細っていて、もう一週間以上犬は雨や雪に打たれても立ち去ろうとしなかったが、

大雪に見舞われた街道が通行止めとなった十日、ふもとに向けて移動。

十一日午後には、ゲートの前に座っていた。野宿続きでやせ細っているが、道路から目を離そうとしない。(以下略)

0730-3.jpg
大平街道の犬。
---------------------

という状況の犬がいたのでマオネットとしても保護するつもりで地元の保健所へ問い合わせをしました。

すると、その犬は長い間そのあたりを徘徊している野良犬で前から捕獲を試みてもなかなかつかまらない状況でした。

飼い主を待っているわけでなく、なんらかの事情でえさを食べれず衰弱して座り込んでいるのではないか、という状況だったそうです。

それだけで終わらず、この犬のニュースが全国で流れました。

状況だけ見ると美談で、可愛そうな忠犬ストーリーとして話題になりました。


その後一週間後、この犬は捕獲されました。

もちろん飼い主が現れることはなく譲渡対象となりました。

メディアの力はすごいもので、なんとこの犬に60件以上の里親希望者があらわれたのです。

実際には対応しきれずに希望者を打ち切ったようです。


結局は以前から保健所からの譲渡を希望していた男性に引き渡されました。

この犬に関しては、よかったと一安心なのですが、少し気になるのは残りの59組の人たちです。
  
この人たちが、保健所にいるほかの犬をもらってくれたかというと、話はうまくいきません。

話題になったかわいそうな犬がいいのでしょうか。

保健所にいる犬や猫たちは、自ら好んできたわけではありません。

一頭一頭、事情があって持ち込まれたり捕獲されたりした仔たちです。

すべての犬猫がメディアに取り上げられれば、私たちはすることがなくなりボランティアも辞めることになるでしょう。

現実にはそんなことはありあえないので、今日も私たちは犬猫の里親探しをがんばっていくしかないのです。

-------------------------

皆さんはどう感じましたか?


わたしも実際に何か力になれることをしているわけではありません。

ですが、自分の意思など関係なく捨てられる動物の気持ちになってほしいと思う気持ちは持ち続けています。


同じ環境で生きていて、人間がえらいことはないんですよね。

ペットを飼うときは本気で一緒に生きて行くこと。

そして犬の命は短い。それも覚悟して生きて行くこと。



数年前に死んでしまった大好きだった愛犬のオリちゃん。

この世にいなくなってしまったことはいまだに悲しくせつなく言葉にできません。


でも明日、オリはもう使わなくなったひきひもと、少しばかりの寄付を送ろうと思います。


もしマオネットのご支援お願いできる方がいたらよろしくお願いします。

           ↓

【犬猫を救う基金 郵便局 00580−7−3005】






posted by クロワールCafe at 22:00| Comment(0) | Beauty

2013年07月29日

気持ちよい空と・・・食欲?!

普段質素な食生活をしているので、時折無性に「とっても美味しい物が食べたい!」と心が叫びます 笑


0728-4.jpg

そんな日曜日、出した答えはスイーツオーボンビュータンのケーキ オペラとキャラメル味を奮発!

ほんとは二日にわたって楽しむ予定が小さいからいっちゃおうか、と・・・いっぺんに頂いちゃいました。


甘さが潔いというか、職人ならではの味。甘いのに全然甘く感じないのです。

お蔭様で、「美味しい物食べたい!」という欲求がこれで落ち着きました。満足満足。グッド(上向き矢印)

0729-1.jpg

今日の帰り道。雲の合間に光がさし、ビルに反射してきれいです。

空のきれいさを感じながらも、珍しく、どうしても食べたいメニューがあり、足はそこへ向かいました。

それが何かというと、

0729-2.jpg

長崎ちゃんぽん!

お腹がすく夕方、仕事先で長崎名物の話をしていたら完全に脳にインプットされてしまったみたいでふらふら

衝動的に立ち寄ってしまいましたが満足満足ぴかぴか(新しい)

0729-2'.jpg

食事後の空はあっという間に晴れに変わっていて不思議!

0729-3.jpg

このところのお天気はついていけませんねー。

帰り道、空もだんだん赤みをおびてきました。

0729-4.jpg

このちょっと赤いかなっていうタイミングの色がわたしは大好き。

0729-5.jpg

こんな明るい時間にお腹が満たされていて幸せ〜。

0729-6.jpg
最寄り駅からとった写真。


遠くの空は真っ赤です。その赤みの強さは感動しますが撮影するのはなかなか難しい・・・。

0729-7.jpg

お腹はいっぱいなのに甘いものを欲するわたし。

久しぶりにブレンダーが活躍しました。

今日はバナナミルク。牛乳とバナナ半分、そしてすりごまとハチミツも少し混ぜました。

美味しかったー!

甘いものが欲しいとき、プロの技を思い切って頂くのもよし、自分で作るもよし。

こんな選択権があるわたしたちは恵まれていますね。


空をみることも、食べることも大好きな一日をちょっと強引ですが書いてみました。



posted by クロワールCafe at 20:10| Comment(0) | Beauty

2013年07月28日

ひそやかな花園。

人からどんなに幸せそうに見えてもみんな何かしら心にもやもやを持つ。自分の生まれたルーツが分からないとずうっとひきずってしまう、そんな人々がルーツをたどるストーリーです。
エピローグでじんときます。


日曜日、本をじっくり読む日と決めて近くのCafeにいきました。

小説をじっくり読むのは久しぶり。


読み始めの登場人物がわたしと同じ名前、ニックネームも同じ。

そんなこともあってこれも縁だなといいように受け止め、一気に読みきりました。


ストーリーは、小さい頃の記憶をたどりながら自分の出自について悩んだり

悩んでいないつもりでも何かもやもやを抱えていたりする人が次々と登場します。

0727-1.jpg
表参道の空です。
土曜日は生き方美人セミナーに参加しました。

突然話が変わってすみません。

セミナーを受けたときと本を読んだあと同じことを感じました。

0727-2.jpg

はたから見ると幸せそうな人でもみんな日常何かしらかかえていることってありますよね。

今回の本は人工授精というテーマによって自分の生まれた意味について悩む仲間が

事実を知ろうとしたり、知ることをやめたり、葛藤しながらもそれぞれが何か答えを出していきます。


わたしはおかげさまですごい確率のなか、この世に生まれ、大きな不自由もなく、家族の愛情に支えられながら生きています。

その愛情に感謝して気持ちを伝えたり、親孝行が出来ているわけではありませんが・・・。


本の中の人物や、身の回りでも、自分の意思とは関係なく親の都合や何かしらの環境に左右されてきた人もたくさんいます。
わたしはもしかしたらそういう人たちに対してのほほんと無神経な言葉を発してきたことがたくさんあるかもしれません。きっとたくさんあるでしょう。

0727-3.jpg
表参道の空って意外と広く見えてびっくり。

今、伝えたいことがぶれてきましたので戻しますと、

講師の宏美さんがおっしゃてました。

何かあったときに人のせいにするのも自分。

本の中でも何かあるのをすべて人のせいにしている人物がいました。
でもそのことを本人はなかなか気づけずにいます。

自分を幸せにするのも自分。

もやもやの原因をちょっと足を止めて考えると何か答えがみえるかも。
もしかしてこれかな?とか最初は自信がもてなくてもそのうち感覚が研ぎ澄まされるのかも。

0727-4.jpg

同じ時間をどう過ごしていくのか。


同じものでも見方を変えるといろいろな方向に見えるし、どれが正解というものではないけど

自分が楽しいな、心地いいな、と感じるほうを選ぶと喜んで、少しずつなりたい自分に近づいていく。


その先に初めて誰かのためになってあげることができるんじゃないかなって。

0727-5.jpg

セミナーを受けて、それから本を読んで、わたし自身ももっと向かっていきたい方向が少し見えたような気持ちです。


本の中の同じ名前の人物も、最後は自分の心の声を聞いて新しい一歩を踏み出していました。

架空であるその人も、自分のことも、たくさん応援していきたいと思います。

自分を一番強く応援してあげるのも自分だけですもんね!手(チョキ)




posted by クロワールCafe at 22:23| Comment(0) | Book

2013年07月27日

おうちでモーニング

0727.jpg

今朝はおうちモーニング。

メゾンカイザーのパンはわたしにしたらリッチなお買い物。

今回はこつこつ貯めている東急ポイントを使って買いましたグッド(上向き矢印)

午後からはわたしが大好きな宏美さんの講座に参加します。

久しぶりの青山・表参道散策も楽しんで来ようと思ってます。

なのでモーニングは出かけず、おうちで堪能しました。

貧乏性でなかなか使わないウェッジウッドのカップ&ソーサーも今日は使いました。手(チョキ)
今日も朝から暑いたらーっ(汗)ので青山・表参道散策もどうなるか分かりませんが・・・。でも楽しみ。

まずは掃除をしてすっきりとしてから出かける準備を。

今日という日をワクワクして過ごしてます。

みなさまもよい週末を手(パー)


posted by クロワールCafe at 09:06| Comment(0) | Beauty

2013年07月26日

美しくて可愛いプレゼント。

Friendそえっこちゃんが素敵なプレゼントを!

0725-0.jpg
源吉兆庵の金魚

見ているだけで涼しくなりそう。

日本の和菓子は素晴らしい〜!

味も美味しいのです。


他にも丸の内KITTEの限定商品もプレゼントしてくれました。

0725-6.jpg
切手をイメージしたパッケージも可愛い〜!

中身も可愛いので写真を撮りました。

東京えびだより。(以下パッケージの文章引用)

0725-5.jpg
新しいたびの始まり 丸の内

0725-2.jpg
お空の小鳥 上野のパンダ

0725-4.jpg
渋谷でわんこと待ち合わせ

0725-3.jpg
楽しい仲間が集まって、

0725-1.jpg
お出かけ日和、えびだより。
伝える、つながる、素敵な時間。


お友達もこのおせんべいを頂いてあまりの可愛さに感動して、

その感動をまたこうして私に伝えてくれました。

ありがたいですねー、こんなお友達がいてくれてグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

posted by クロワールCafe at 08:00| Comment(0) | Beauty

2013年07月25日

貴婦人と一角獣展その後。

「貴婦人と一角獣展」に行ったときは感動してとても刺激を受けて

国立新美術館の気持ちよいロビーでお友達に葉書を書きました。

0724-2.jpg
展示会で生まれて初めて「図録」も買ったのです。うふ。

でも大切に飾りすぎてそのあと中を全然読んでいなかった・・・。


感動して葉書も何枚も買ってしまいました。

美術展を見ながら「これ見たら同じように感動するだろうなあ」「一緒に感動したいなあ」
と頭に浮かんだお友達にはがきを書きました。

0724-3.jpg

ショップでお友達に合いそうな葉書選びました。


葉書を書いたことも忘れていた頃、

同時に二人から返信が届きました。

0724-1.jpg

葉書ってすごく嬉しいものですね!

一人は人生の大先輩。

手芸が大好きで、しかもとてもいいセンス、わたしはその方自身と作品のファンなんです。

いつも会うと話もあって夢を語り合います。その時間がとても楽しいひと時。

この展示会の感動、伝えたいなと思いながら葉書を書きました。

返信の葉書には手書きでベランダに咲いているお花を描いてありました。

その静かな美しいお花はお友達の雰囲気と一緒です。


もう一人もクリエイティブなお仕事をずっとしてきたお友達です。

そのお友達と話していると自分では気付かなかったヒントのようなものがたくさん得られます。

そっかそういう見方もあるんだよね、と新鮮な気持ちになります。

美しいものに対してまっすぐにみつめているような感じがします。

案の定、この展示の日曜美術館みて保存版にしてると書いてありました。


離れていても共感できる友達がいることが嬉しい。

二通の葉書が届いてすごーくHappy Dayぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
posted by クロワールCafe at 08:00| Comment(0) | Beauty

2013年07月24日

優しくて甘い桃

0723.jpg
桃を頂きました。

お仕事仲間のお母さんが山梨の大地で作った桃です。

うちのMother Terukoさんもそうですけど

手間ひまかけて作った作物を惜しげもなく送ってくださって。

ありがたいことです。

そんな思いをはせて頂くと、甘さもすごく優しい味に感じるし

皮も丁寧にむこうと思ったりね。


頂いたものだけじゃなくて、日常頂くお野菜や果物も同じ気持ちで頂こうと

果物と同じようにフレッシュな気分になりました。

ありがとう、お母さん(山梨に向かって。)


posted by クロワールCafe at 09:00| Comment(0) | グルメ

2013年07月23日

ゆいちゃんからの絵

先日絵葉書を描いたことをブログに書きました。
→http://la-croire.sblo.jp/archives/20130626-1.html

Friendのお嬢ちゃまゆいちゃんへねこちゃんのはがきを書きました。

そしたらゆいちゃんの絵が届きました!

0722.jpg

のびのびと描かれたひまわりと、ゆいちゃんが好きなのかな?ワンコちゃん。

楽しそうに書いている姿が目に浮かびます。

わたしも久しぶりの絵葉書書いているときとってもわくわくしました。

さらにゆいちゃんの絵を見ているとのびのびさとか楽しさがすごく伝わってきて

またわたしも書きたくなってきました。


冷蔵庫にこの絵を貼って、みるたびに和んでいます。

絵描き仲間のゆいちゃん、素敵な絵を送ってくれてありがとうるんるん
るんるん
posted by クロワールCafe at 08:48| Comment(0) | Beauty

2013年07月22日

大東京お笑い建築ツアー【金曜夜の銀座編】

アートテラーとに〜さんのツアーに初参加しました!

新橋のSL広場から出発です!

0719-1.jpg

一体どんなツアーなのか検討もつかないのですがワクワクです。

夜の銀座の街を建物を見ながら練り歩きます。

0719-2.jpg
一箇所目はコチラ。
    ↑
丹下 健三(たんげ けんぞう)さんの建築物です。
ツアーの中で一番古い建物です。

0719-4.jpg
続いてコチラのビル。1F部分の黒いところにこのビルの特長が。

説明がなければ多分建物に気を止めることなく歩いてしまうことでしょう。

なるほどー、のお話ばかりで建物を見るのが楽しいです。

0719-5.jpg
そのお隣のスウォッチのビルも。

0719-6.jpg
銀座に必要な要素は今までにない「斬新さ」。

0719-7.jpg
エレベーター内の飾りです。

0719-8.jpg
建物をどう見せるか、今までにない発想がこの銀座ではたくさん形になっています。

0719-9.jpg
どのショップのエレベーターもガラス張りで、エレベーター自体がショーウィンドウ。

0719-10.jpg
銀座といえばディスプレイも芸術ですよね。ため息がでる。異次元に感じる。

0719-11.jpg
美しさはどこまでもこだわって。

0719-12.jpg
今回のツアーでわたしが一番感動した建物かな。

説明にあったように、日本人好みなのかも。

0719-13.jpg
手前のグリーンと壁の色の調和が最高です。

0719-14.jpg
空ける石の素材があることにもびっくり。どんな分野も進化しているんですね。

0719-15.jpg
これはもうゴージャスさを全体に出しているガラスブロック。

0719-16.jpg
昼間どうみえるのかもう一度同じ建物を見るのも楽しそう!

0719-17.jpg
美しいものはどこまでも計算されています

0719-18.jpg
角度を変えて。

0719-19.jpg
何枚撮っても表情が違うから止められない。

0719-20.jpg
不思議と女性らしさが全面に。
でも説明を聞かなければそんな風に感じることもないのかも・・・。

0719-21.jpg
説明を聞いているときにちょうど九時の鐘が鳴っていたので撮影しました。ツアーとは関係なく。

0719-22.jpg
コチラも説明聞かなければぼんやり歩いていただけの景色だったかも。

話を聞いただけで愛おしくなるような気持ちになるから不思議。

0719-23.jpg
お店の雰囲気とぴったりですね。商品との融合も大きな課題ですよね。

0719-24.jpg
ここのお話は建築界の面白話。おもしろかった。

0719-25.jpg
この乳白色の美しさもやっぱり女性ならではだから?

0719-26.jpg
美しいものがたくさんあるとそういう光景を当然だと思う心理、なんだか怖いですね。

0719-27.jpg
でもこちらのショップはもうじき閉店らしくこの光景も見納めかしら。

0719-28.jpg
これは建築に詳しくない私でも名前は知っていた隈研吾作品。
枠の中に光っているのが一つ一つ違う角度なんですって。

ツアーの最後を飾った建物はこちら!
0719-29.jpg

なんて美しいのでしょう。夢の世界みたいな。

0719-30.jpg
説明してくださった建築家さんがクイズを出しましたが全然考え付かなかった・・・。

建物が作られるときの建築家さん側の思いとか、職人の想いとか、まったく今まで知らなかった世界を

ほんのちょびっとかもしれないけど覗かせてくれる素敵なツアーで、あっという間の3時間でした。

建築家さんの説明にとに〜さんが分かりやすく補足してくれたり、おちがついたり、

笑いながら美しいものをみてためになって、すごくいい時間の過ごし方でした。

こちらのツアーは1500円なり。

知ったからどうなる訳でもないかもしれないけど、ただ飲んだりして過ごしちゃうより、

こんな風にその道のプロや熱い方やいろんな人と一緒に過ごす時間が過ごせて大満足です。

きっとこれからいろいろ参加しちゃいそう!

ご興味ある方いたら一緒に参加しましょう!黒ハート


posted by クロワールCafe at 07:00| Comment(1) | Beauty

2013年07月21日

銀座でFriday Night

金曜日、新橋出発のとあるツアーにFriendと参加しました。
0719-1.jpg
SL広場って初めてきました。

ツアー前にまずは腹ごしらえなりー。
butadon.jpg

豚大学の豚丼(小)
480円。

FriendのSoekkoちゃんがいつもいいお店をチョイスしてきてくれます。

新橋はあまり来る機会がないのですが、豚大学が入っているビル全体が新橋のイメージがぷんぷん漂う楽しいビルでした。

豚丼は注文してからじっくり炭火で焼いてくれるので美味しくてペロリでした。

食べてる後ろにすでに行列が・・・。お気に入りのお店がまた一つ増えました。

ここならお一人様もできそう。


とあるツアーというのは明日お楽しみに!

銀座の街をあるいたのですが途中休憩でこれまたSoekkoちゃんがいいお店を!

su-soft.jpg
OSUYA

こちらは酢フトクリーム。380円。

お酢の酸味が暑い季節にはとっても合います。酢フトにさらにフルーツの酢をかけています。

こちらもぺろりと。


3時間近くのツアーを終えて最後にSoekkoちゃんとTea Time

0719cafe-2.jpg
素敵なCafeでこれまた超お気に入り!

AUX BACCHANALES(オーバカナル)

0719cafe-1.jpg
素敵な店員さんがシャンパンをお勧めしてくれましたが今日はコーヒーを。

0719cafe-5.jpg
この時間なのにすごい活気。ヨーロッパにいるみたいで楽しい!
こんなCafeで働きたい!

0719cafe-3.jpg
Soekkoちゃんはおすすめのデザートを。桃とアイスクリーム。

0719cafe-4.jpg
わたしはレモンタルト!

普通のケーキの二倍ぐらいの大きさ。甘いけど酸味もあって美味しい!550円。

銀座に来るときはここのCafeに来よう!

Soekkoちゃんコーディネートで食事もデザートも超堪能。

ありがとう!

銀座は楽しい街、きれいなお姉さんもたくさん見れて幸せ。

たまにこんな過ごし方もね!るんるんるんるん
posted by クロワールCafe at 07:55| Comment(0) | グルメ

2013年07月20日

温泉旅行。

先週の三連休、Mother Terukoさんのお誕生日祝いも兼ねて温泉旅行へ出かけました。

0715-1.jpg

浅間山は美しいラインで、宿からも眺めることができました。

宿泊先は→信州春日温泉 国民宿舎もちづき荘

遠すぎず、お値段も負担のないところで探してました。

ネットでみているとお風呂がとてもよさそうでいくつかの候補から直感でここに決めました。

わたしの田舎は長野の一番北に位置しますが、今回は南へ南へひたすら車を走らせました。

わたしも良く知らなかったのですが、この佐久市というのは父のルーツをたどる場所でもありました。

終戦後、一番苦労した時代をこの土地で過ごしていたそうです。

まだ小さな妹を連れながら峠を越したとか、今ではとても考えられない時代です。

0716-5.jpg
二階のロビーからの眺め。

0716-6.jpg
うわあ、田舎の旅館にありがちな置物。ほんものの野生のかもしかの親子も宿のそばでみかけました。

0715-2.jpg
一番メインの温泉、でも父母叔母の三人は話すことが楽しいらしく温泉は二の次みたいです。

0715-3.jpg
源泉かけ流し。なめらかなお湯が心地よく、これはいやでも美しくなっちゃうなー(笑)と
確信できるお湯。ほんとにいいお湯だった!

高崎から一ヶ月間宿泊に来ているおばあちゃんとたくさんおしゃべりしました。

86歳というおばあちゃんはとても若々しく、お肌もつやつや、素敵な方でした。


0715-4.jpg
翌朝、お年寄り三人衆は5時からずっとおしゃべりを・・・。

0715-5.jpg
わたしは昨日みたお馬ちゃんが忘れられずもう一度会いに行きました。

馬事公苑

0715-6.jpg
田舎の空はいつ何時も美しいです。

0716-7.jpg
宿泊先の入り口にニッコウキスゲも美しく咲いていました。

0715-7.jpg

父の思いつきで翌日はさらに車を南へ走らせ白樺湖へ。

0716-1.jpg

昔ドライブに来て以来、懐かしー。

0716-8.jpg
湖畔からみる景色はヨーロッパそのもの。

0716-9.jpg
湖畔に咲いているあじさい。

0716-10.jpg
自然に咲く花が一番美しいですね。

0716-11.jpg
あやめの紫もひときわ際立って。

0716-2.jpg
父の同級生が白樺湖池の平ホテルにいるそうで、突然連絡をとって合流・・・。

そのおじちゃんはほんとにいい方でいろいろ案内してくれました。

白樺湖が湖でなかった時代から開拓して今日に至っています。
0716-3.jpg

ホテルの周りの黄緑の木が気になっておじちゃんに聞いてみると「オウゴンアカシヤ」だそうです。

0716-12.jpg
北海道からわざわざ持ってきて移植したのだそうです。

この明るい黄緑の木は湖畔の反対側からもとてもきれいに見えてホテルの特長にもなっています。

0716-4.jpg
おじちゃんが蓼科山がみえるところまで車で誘導してくれました。

わたしがまわりの優しい人に支えられているように、

父や母もこういう優しいお仲間に支えられてきているんですね。

おじちゃんの優しさには本当に感動しました。ありがとう。


父母叔母との温泉旅行は正直、疲労困憊の旅でもありました。

でも親孝行していないことがいつも気になって、いつかゆっくりと豪華な温泉旅行に連れて行ってあげたい、と思ってい早何年。

なかなかそんなことは出来ず、今回も一泊、かなり地味なプランででかけました。


ドライブしながら感じたのは、温泉旅行は私たけの自己満足で

母たちはいつものペースで日常のことを話したり、突然同級生に連絡とったり、

そういうことが母たちの小さな幸せ。

親孝行をしてほしいとかは母たちはまったく思っていないんでしょうね、きっと。


でもいつもと違う場所を楽しんでいるみたいなので、よかったです。


三人の少し丸まって小さくなった背中を見ながら、やっぱりわたしはまだ子供なんだなと感じました。


posted by クロワールCafe at 11:17| Comment(0) | Beauty

2013年07月19日

わたしのパワースポット。

田舎に帰ってた三連休。

短大のころからずっとお世話になっていた場所へドライブ!
haricot-1.jpg

このドライブの道中の景色がまた素晴らしいの。

haricot-3.jpg

うちの田舎とはまた違う景色で、ちょっとヨーロッパ風。

haricot-4.jpg
どこまでも広がる空に気持ちも広がります。

haricot-5.jpg
どのぐらいこの道を通ったことでしょう。

haricot-6.jpg
霊仙寺湖。きりやくもりが多い場所。

haricot-7.jpg
いつの間にか樹もこんなに大きくなっちゃって。

haricot-9.jpg
時間をおいてくると、絵本のような光景が見られる場所なんだなと再発見。

haricot-10.jpg
欧風レストランHaricot Rouge

憧れのデザートを楽しみに来ました!

haricot-11.jpg
幻の!!ブルーベリーチーズケーキ!!
今日は久しぶりに作ったそうでラッキー。

haricot-12.jpg
キャラメルムースのパフェも美味しい!

haricot-13.jpg
Haricot Rougeのコーヒーでどのぐらい素敵な時間を過ごしたことか。

haricot-14.jpg
和菓子も作れちゃうお店のママ。


この場所でたくさんの人に会いました。

ここで学んだことは今のわたしにつながっています。

そしてこの先もつながっていくことでしょう。

posted by クロワールCafe at 09:08| Comment(0) | Beauty

2013年07月17日

Mother Teruko's Garden

0713-1.jpg
信州のお天気は降ったりやんだりのはっきりしない日が続いていたそうです。

連休前半は田舎でのんびりDay。

カエルをこんなに近くで見るのはいつ以来だろ?可愛い〜。

ばれないようにがんばっている姿が愛おしい。


そして雨上がり、いつものコースを散策。
0713-2.jpg

小さい頃から遊んでいたこの神社、行くと落ち着くなあ。

0713-3.jpg
誰もいなくて、時間が止まったかのように静かな境内。ちょっと怖いくらいの静けさ。

0713-4.jpg
苔の美しさ感じるなんて私も年を重ねたものですねー。


神社散策後はMother Teruko's Gardenをじっくりと。

0713-5.jpg
シャラの木。このお花はこのままぼたっと落ちるんです。

この木の下にいつも愛犬のオリちゃんが寝転んでいました。


0714-1.jpg
砂利もものともせずどんどん増えていく松葉牡丹。母は松葉牡丹が好きだそうです。

0714-2.jpg
紫露草。

0714-4.jpg
露草はすずしげ、雨露がよく似合う。こちらは白花露草。

0714-3.jpg
紫色のリアトリス。

0714-5.jpg
露草もそうだけど、色が違うと魅力もそれぞれ。白のリアトリス。

人間も同様に魅力はそれぞれなのね。自然に教えてもらうことはたくさん。

0714-6.jpg
可愛い可愛いヒペリカム。ピンクと黄色いお花のコントラストが素敵です。

0714-7.jpg
家の脇に咲いている姫ヒマワリ。夏から秋にかけて切花として大活躍です。

0714-8.jpg
鉄扇のお花。白は気高く美しいですね〜。

0714-11.jpg
鉄扇は咲き終えるとこんな芸術的な形に姿を変えます。

0714-9.jpg
今回のお庭散策で一番心惹かれたのがこのユキノシタ。
なんともいえないお花の形状とひっそり咲く姿に胸キュン。

名前もぴったり。

0714-10.jpg
まだ少しお花も残ってました、ツツジちゃん。

0714-12.jpg
まだつぼみの紫陽花。咲いたところが楽しみです。見れるといいな。

田舎に帰ると、神社とMother Terukoさんの庭を散策するのが私の日課。

小さい頃から変わらない風景なので落ち着くのも当たり前でしょうか。

深い呼吸をして、わたしは小さい頃の気持ちに戻っていきます。


いつもいつもわたしを暖かく迎えてくれる空間です。

ふるさとっていいですね。
posted by クロワールCafe at 21:51| Comment(0) | Mother Terukoさん

美しすぎて。

三連休を利用してMother Terukoさんお誕生日会の温泉旅行に出かけました。

宿泊先のすぐ近くにある馬事公苑

馬の美しさにすっかり魅了されてしまいました。目がハート。

uma-2.jpg

あまりに感動してFBにも写真をアップしたら競走馬じゃない?と教えてもらいました。

そのきっかけの馬さんはコチラ。
uma-7.jpg

グランプリスマイル号。

彼だけでなく、こちらにいる馬さんたちはほとんど元競走馬だそうです。

uma-3.jpg

一頭一頭全然違っていてそれぞれの個性をみるのも面白い。

uma-4.jpg
馬とはどうしてこんなに美しいのでしょう。

uma-5.jpg
馬小屋の掃除中だったそうで、全身をこんなに近くで見れました。

uma-6.jpg
この子は人懐こそうで、写真撮らせてねーと声かけると、それらしくしてくれた気がします。

カメラが好きでない馬さんもいたし。

uma-9.jpg
ほんとに美しすぎる。顔もボディもたてがみも。

uma-8.jpg
わたしが一番惚れてしまった先ほどのグランプリスマイル。

去年まで活躍していたそうで今もブログが残っているみたいですよ、と飼育の方が教えてくれました。

ブログを検索して読んだのですが少し切なくなりました。

馬の目は何かを語っているようで心で会話ができるような気がしてしまいます。

宿泊日に訪れたときは係りの方が食事を配っているらしく、「はいはい、わかってるから待っててよー」とか

馬と会話していてものすごくうらやましかったー。

わたしは宿泊日と翌日朝に足を運びましたが、わたしと同じく馬の美しさに魅了されて足を運んでいる方がいました。笑

ファン心理とはこんな感じ?とか思いながら。

uma-11.jpg

はあ〜、もっと馬さんに近づきたいな。(距離もだけど馬と接する機会ね)


思いがけず旅先で美しい馬さんたちに出会えて、デジカメの電池がなくなりかけるほど撮ってしまいました。手(チョキ)

また会いに行きたいなー。あのつぶらな瞳に。

posted by クロワールCafe at 07:00| Comment(0) | Beauty

2013年07月14日

田舎にかえって。

わたしの田舎は超秘境。

自然以外何もないので、帰った途端にどっぷりと田舎に浸ります。

涼しい〜と感動するとなりで、ステテコに腹巻きというバカボンパパの実写版が

暑いといって扇風機を回しています。

こんなにも体感温度は変わるものなんですね、、、。

お昼寝しても、少し肌寒く、東京の気温が嘘のよう。

朝晩は冷えこむため、わがやのコタツはつい最近まであったそうです。

image.jpg

昨日は、雨上がりカエルを発見。

こんなまじかに見るのは久しぶり。

image.jpg

コタツもびっくりだけど、さらに紫陽花もまだ咲いてない!


先ほどもMother Teruko ガーデン散策しましたが、

お花がたくさん咲く、そのお花に蝶々がとまる、

蜂が蜜を探す、足元をクモがしゃわしゃわ移動する、

聞こえるのはいろんな鳥の声、虫の声。

当たり前だった光景、音が、日常からは遠ざかっているなあなんて

今さら思って、この自然の感覚がとても貴重に感じます。


相当田舎ですけど、自然の鳥や虫、生き物たちにとってはのびのびと

鳴いてみたり、匂いを嗅いだり、自由に跳べたり快適だねー。

静けさが最高。そんな日曜日を過ごしてます。


posted by クロワールCafe at 12:31| Comment(0) | 自然・植物

2013年07月12日

ちょい変則。

0710-1.jpg
おととい夜のTeaTimeを楽しんだ二子玉のCafe

時間が限られていたので、高島屋のショップガイドから選んで入りました。

0710-2.jpg

普段見慣れない町並みに加えてはじめてのカフェはとても新鮮。

さすが二子玉、OLさんたちもおしゃれで美しい、なんてきょろきょろしたり。笑


いつも節約したり、どうしても気持ちがきゅうきゅうとしてしまう私にはとても新鮮で楽しい一時でした。

こんな空間を楽しむ時間いいですね。

気持ちもたまにはゆるめてあげないとねー。


0711.jpg
そして昨日自由が丘の街で見た夕焼け。

お友達のプレゼント探しにお店が閉まる前に早めにきました。

平日はぶらっとすることはあまりないのですが、お蔭様でいつもと違う場所で夕焼けがみれました。


同じ行動をする毎日の中にも、ちょっと変則を設けてみることが

自分をフレッシュな気持ちにさせることでもあるのねー。


でも変則ばかりでは基本が見えなくなるけどね。


ちょい変則、たまにしてみましょ手(チョキ)

posted by クロワールCafe at 07:00| Comment(0) | Beauty

2013年07月11日

朝の黄金タイム。

今週は先週末のお話ばかりですがとてもいい過ごし方をしたのでまた書いちゃいます。

0706-1.jpg
早朝歯医者さんを終えて、恒例の奥沢神社参り。

ここの空気の美しさとフレッシュな緑をみて心が改まります。

roppon-3.jpg
日比谷線で六本木ヒルズへ移動。

0706-2.jpg
ここなーんだ?トイレです。ここで本読んだり休憩たっぷりしても快適そう!

0706-3.jpg
人気のないヒルズはなんだかわくわく。なんだろう、この得した気分。

antico-5.jpg
この前書いたアンティコcafeでモーニング。
フレンチトースト最高っ!!

kifujin-2.jpg
歩いて国立新美術館へ。5分位です。

roppon-2.jpg
少し離れるとこんなふうにみえるんですね。

わたしは六本木ヒルズ好きだな、なんて今更ながら思ったり。

kokuritsu-4.jpg

美術展や国立新美術館を堪能して気持ちがフル充電になり、またヒルズ経由してマイホームへ。

sora-2.jpg

家を7時半に出発して、充分に堪能して、人手でにぎわうお昼前に自宅に帰ってきましたよ!

電車の乗車券代と、モーニング630円のみ!(美術展のチケットは事前に準備してましたので)、こんなに充実した時間を過ごしちゃいました。

あっ、思いがけず美術展の図録で出費しましたけどあせあせ(飛び散る汗)大決断で一生の宝物ということでぴかぴか(新しい)

やっぱり行動するなら朝!

早起きは三文の徳。得。

シンプルな生活って楽しいわ。

posted by クロワールCafe at 09:01| Comment(0) | Beauty

2013年07月10日

国立新美術館の楽しみ方。

kokuritsu-9.jpg
昼間も夜も、いつも美しい国立新美術館。

黒川紀章設計の美術館としては最後の作品ともなっています。
kokuritsu-3.jpg

kokuritsu-10.jpg

外観はもちろんのこと内側からの景色もうっとり。

kokuritsu-5.jpg
ランチは2,000円から。いつか堪能してみたい。行列ができてました。

今回は「貴婦人と一角獣展」で来ましたが、建物を楽しむのも醍醐味です。

わたしのいつもの楽しみ方は椅子に座ること。

kokuritsu-4.jpg

こんな無造作に並んでいますけど、ハンス・ウェグナーのイージーチェアなんですよ!

レストランの待合の椅子もセブンチェア!

イージーチェアやYチェア、一脚数十万円〜しますが、北欧の家具は何十年も代々引き継がれて味わい深い家具となっていきます。

それだけしっかりと一脚ずつ職人さんの手でつくられた作品なんです。

kokuritsu-6.jpg

こちらは1Fのインフォメーションの右側においてあるスリーレッグドシェルチェアです。

この色のほかに黒っぽいチェアと赤っぽいチェアもあります。

kokuritsu-7.jpg

この場所は少し見えづらいので逆に穴場かも!おすすめですよ。

沈み込むチェアなのでただただ身をまかせてぼーっとしましょう。

kokuritsu-8.jpg
椅子のそばにはちゃんと椅子の概要も書かれています。

これらの椅子は欲しくてもなかなか手に入れられないし、それなりの広い空間じゃないと似合わないですね。

でも憧れるー。ぴかぴか(新しい)

kokuritsu-1.jpg

窓際に座ってただ外を眺める人や、読書の人など、この美術館を楽しんでいる人はたくさんいるみたい。東京タワーもきれいにみえるし。

お昼を持ち込んでいる人もいました。一日いるんですね、きっと。

気持ちいいですもんね。

sora-1.jpg

いついっても楽しめる美術館があるって幸せですね!
posted by クロワールCafe at 07:00| Comment(0) | Beauty

2013年07月09日

ANTICO CAFFÈ AL AVIS(アンティコカフェ)

roppon-1.jpg

わたしはけっこう六本木が好きかも、と思った週末。

というよりもわたしはいつも朝行くので快適なのね手(チョキ)

新しく素敵なCafe、見つけちゃいましたよ〜。

antico-8.jpg


ANTICO CAFFÈ AL AVIS六本木ヒルズ店

都内にはいくつもあるみたいなのでそういうイメージで行ったのですが、予想以上に美しい店内でテンションがあがります〜グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

antico-1.jpg
窓からグリーンが見えるように工夫されているし。

antico-2.jpg
少し大人数でも座れる席もあれば、

antico-4.jpg
気軽にお一人様を堪能できる席もたくさんあります!

antico-3.jpg
かと思えばちょっと高級な雰囲気も醸し出してみたりね。

おっと、肝心なモーニングから脱線。

antico-5.jpg
じゃじゃん!

モーニングセットというメニューはないみたいです。

フレンチトースト300円、コーヒー330円、なのでTotal660円也。

モーニングにしてみると少々お高いのですが、

antico-6.jpg

このフレンチは素晴らしい。厚切りトーストだし、しっかりフレンチトーストです。

メープルシロップもひたひたにかかっているので、甘いのが得意でないとむしろ厳しいかも。

わたしは至福のひと時。るんるんるんるん

接客もここちよかったし、なんといっても空いているのが超快適。

窓際のお一人様席にワンピース着て本を読んでいる人の後姿が最高に美しかったー。


平日は7時から、土日は9時からのOPEN。

六本木の9時は早朝に入るらしい・・・ラッキーぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

antico-7.jpg

ゆっくりくつろいだころ、がやがやおばさんたち(もしかしたら同年齢ぐらいか?がく〜(落胆した顔))が乱入してきたのですれ違いでよかったー。

みなさーん、朝とか景色とか空間とか空気を読みましょう手(グー)

いいCafe発見で最高の週末モーニングでした。


ANTICO CAFFÈ AL AVIS(アンティコカフェ)

六本木ヒルズの他にもミッドタウン、恵比寿、目黒、二子玉などもありますよ!






posted by クロワールCafe at 07:00| Comment(0) | 朝カフェ

2013年07月08日

貴婦人と一角獣。

kokuritsu-10.jpg
国立新美術館にいってきました!

kifujin-1.jpg
うっとりしましたともー!よく出来たポスター。ブラボー!!

貴婦人と一角獣

奇跡の来日です。

フランス国立クリュニー美術館から1973年にメトロポリタン美術館に一度出ただけのまさに軌跡の来日!!

なんてえらそうに書いてますがわたしは最近までこの展覧会知りませんでした。

タイトルや色合い、直感でこれはいくべきだ!と思い、早速週末に行ってきました。

どのぐらい感動したのかというと、、、

kifujin-2.jpg

生まれて初めて図録(2,000円)を購入しました。(そっちのほうが珍しい?)というぐらい感動しました

わたしにしたら高額商品なのですが、美しさにすっかりほれ込んでしまいました。

壁を占めるほどの6枚のタピスリーの中には、ミル・フルール(千花模様)のなかに

中心には貴婦人と一角獣、他に獅子をはじめたくさんの動物がちりばめられていました。

500年以上も前の絵なのにこんなにも優雅、それでいて野花や動物は今と変わらず。(一角獣はいませんが・・・)

縦糸に横糸を織っていくというなんとも気の遠くなりそうな作業。

ゴブラン織りを想像して頂くと近いのかな?

圧巻でした。髪型も衣装も一枚ずつとても工夫されていています。

どの絵もドレスやヘアアクセサリー、髪型、ベルトが異なっていて見ごたえあります。

今で言う重ね着の美学もあったようですね。

先ほど6枚と書きましたが、それぞれテーマがあります。

[触覚]

[味覚]

[嗅覚]

[聴覚]

[視覚]

kifujin-3.jpg

そして最後の一枚は、[わが唯一の望みに]

最後だけ漠然としたテーマでしょ・・・。愛、結婚 などいろいろな諸説があるそうです。

また五感に対してこちらは六感(心)とも。

宝石を木箱から取り出しているのか、しまおうとしているのかも不明。

解説をみると、なるほど、愛や結婚のことを指しているのかな?と思いますが

最初見たときわたしが感じたのは「女性は美しいものに憧れる」でした。


いつの世も変わらず女性は女性としての使命があり、美しく自分を着飾ることも

内面からにじみでる美しさを身に着けること、そんなことが大切なんだなと自分なりに解釈してます。


それこそわたしの五感はとても刺激されました。前世はフランス人だ!まちがいない!(笑)

(ちなみに前回はオオカミでした)


この図録はわたしの宝物として大切にしていこうと思います。


ご興味ある方は15日までの展覧会ですので急いで!

貴婦人と一角獣展

当日券1,500円 ※わたしは大黒屋で買いました。あまり変わらないです。

posted by クロワールCafe at 07:00| Comment(0) | Beauty