2013年06月28日

つまらない毎日を変える26の方法―「ゴキゲンな自分」になれる!

久しぶりにこの手の本を読みました。
よくある本とまた一味ちがく、読むだけで自然に力を抜いていけそうになるような、自然体の内容。
こうしなさい、ではなくこんな風にしてみるのもいいかもよー、ぐらいの感じでそれがとてもいい感じ。


直感で気になって借りた本です。

よくあるこの手の本と一味違く、悩んで過ごした著者がこんなふうにしてみるのもいいのかもよ、ぐらいの優しい書き方で、読んでいるほうもとても楽でした。

無理して元気になることはない、とか、普通や常識にとらわれなくていいよ、とか、まわりよりも

まずは自分の内の声を聞くためにどんなことをするといいかを紹介してくれています。


読むときも力を抜いて読めて、逆に普段何気なくしている読書というものもけっこう身構えて読むことも

多いんだなと自分発見しました。

冒頭のメッセージがのっけから印象的。



果てしないゴールに向かうだけの「パワーゲーム」はもうたくさん。

「本当の自分」なんてのも、ありはしないでしょう。

自分は探したり見つけたりするものなんかじゃなく、自分で育て上げるもの。


どうですか?

日常感じている点々が、この本にはところどころ線になるところがあって気持ちがいいです!



昨日の空もとてもきれいだった!
0627-1.jpg

この瞬間みれてとてもハッピー!

0627-2.jpg

そんなささいなことも大きな喜びに感じられる一日でよかった。

0627-3.jpg

posted by クロワールCafe at 07:00| Comment(0) | Book