2012年07月12日

その人、独身?

あまりの爽快な面白さで、一気に読んでしまいました。
同じ年代の独身女性ならきっと爆笑しつつ親近感を覚えつつ、
はまってしまう一冊だと思う。
独身は気ままだといわれるけど、世間からは見えないつらさもあるけれど、これを読むとなんだか爽快。


先週末、図書館のとなりのスタバで読書を楽しみました。
そのとき一気に読んでしまったのがコチラの一冊。

「負け犬の遠吠え」で一躍人気になった著者のその後。

おそらくこの本を手にする人は同じ境遇の人が多いのかなーと思います。
レビューにも書いているようにとにかく爽快。

ある程度の年齢で独身でいるならこのぐらいの爽快さがないとね。

スタバで何度も笑いを抑えるのに必死。
気になる方はぜひご覧ください。

子供の出生率を下げているという事実は女性としてかなり罪悪感を感じます。
その一方、世間の荒波にもまれ、まわりとの調和にも気を使い、
必死に社会でがんばっている(と思っている)わたしたちは
楽しくないとやっていけない面もあるんですよー。

とかくいろんなところから見放されているポジションかと思ってます・・・が
だからといってへんにくさらず、愚痴らず、とにかく美しく。
そんな風に生きていきたいなと
爽快さの中にも力強く感じる週末さわやかに過ごせたひと時でした。



posted by クロワールCafe at 08:00| Comment(0) | Beauty