2012年05月18日

誰かのために、人は強くなる。

帰りの電車で漠然と、“誰かのために生きる”ことを考えました。
なぜ突然そんなことを思ったのか分かりませんが、まあだいたいそんなときはホルモンバランスの影響でしょう。

そして家につき珍しくテレビをつけると
「仕事ハッケン」というNHKの番組が。
お笑いの人(エアギターで世界チャンピオンになった人)が木工職人の体験をするという内容でした。
いやあその人が弟子入りした岐阜高山の職人さんのかっこいいこと!

あっ、そこも感動ですが、
内容が、今までネタもじぶんで作ったことがなければ、
高校の進路も親と先生のなすがまま、という芸人さんが本気で作品を作っていく姿と、
それを全員でバックアップしていく職人さんたちの姿に感動しました。ぴかぴか(新しい)
わたしも自分の人生を誰かがなんとかしてくれると思っていたタイプですので
芸人さんに重ねる部分ありました・・・。

最後に書かれていた言葉が本日のブログタイトルにした

「誰かのために、人は強くなる」です。

今日はこの言葉がすごく響きました。

そういえば、テレビがなくて奇人変人扱いを受けていたCroire家に
テレビを恵んでくださる奇特な方がいらして最近テレビデビューいたしました手(チョキ)

0517.jpg
こういう夜の景色、海外旅行に行って空港から知らない夜の街を走っている光景ににていて
なんというか、ちょっと不思議な感覚になって好きなんです。

先ほどのテレビをみてから気持ちも暖かくなりウォーキングに出かけました。

歩いていて気づいたのが、

平らな道を歩いているうちに、慣れてくるとだんだんいつもと違う横の下り坂や上り坂にもトライしたくなる。
下り坂は加速して景色もバーっと変わってすごくあっという間なんだけど、自分が思った以上に下って自分の位置を見失ってしまう。
上り坂は歩くうちにどんどん苦しくなってきて先が見えなく感じてしまう。

時にはすごいよさそうな道に感じたのに行き止まりになっていたり。

そうこうしてやっとこ平らなところにでると平らのありがたさをすごく感じてとても楽に幸せを感じながら歩けちゃう。

それでもずっと平らの道を歩いているとやっぱり知らない横の道、上り坂、下り坂、
いってみないと分からないから思い切ってそれてみたり。

ああ、これはわたしの歩いてきた道そのものじゃん、そうなんだ、って思いましたよ。

平らでずっと行けば一番手っ取り早いのかもしれないけど、
やっぱりわたしはあちこち迷いながら、つらくなりながら、止まりたくなりながら、
思いがけない景色にであったり、同じとこぐるぐるしたり、
ちっちゃい幸せ発見したり、・・・そんな道でいいじゃん。

いやあホルモンバランスが影響すると五感がびびびっとなります。

自分の心のなかもあちこち迷いながらも
きっとわたしらしい一日を過ごしたのだと思います。


誰かのために
わたしは強くなるんだ。グッド(上向き矢印)






posted by クロワールCafe at 00:00| Comment(0) | Beauty