2012年05月05日

エネルギーたっぷりの新緑。

朝ののり散歩、Sister Coupleとともに九品仏方面へ出かけました。
0504-1.jpg
この山門から始まる新緑は九品仏の特長かも。

0504-2.jpg
景色が変わるのと同時に空気が変わります。

0504-3.jpg
わたしの伝えたい気持ちは写真に込められてます。

0504-4.jpg

0504-5.jpg
グラデーションを織り成すもみじ。

0504-6.jpg
いつ写真をとっても神秘的でわたしの母なる木。

0504-8.jpg
こんなに美しいもみじの屋根。

0504-7.jpg
微妙にグラデーションを描いている色が全体の美しさに。

0504-9.jpg
重なり合って濃くなるところも模様みたいで美しい。

0504-10.jpg
九品仏浄真寺で有名なイチョウの木も新緑を迎えてます。

0504-11.jpg
時折みかける赤や黄色の色も素敵。

美味しい空気の中で深い呼吸をして、体の中のいらない空気を外に出して
このエネルギー満ち溢れた新緑の空気を胸いっぱいに吸い込みます。

じぶんもリフレッシュしたい気持ちでいっぱいになるお散歩でした。



posted by クロワールCafe at 09:12| Comment(0) | Beauty

2012年05月03日

ゴールデンウィーク。

おはようございます。
昨日から激しい雨降りですねー。

黄金週間の前半は田舎でのんびり過ごしたので
後半はわたしの生きるテーマ、「美しく生きる」ことを頭において過ごしたいと思っています。

たとえば、先日お友達に借りた「これが本当の「冷えとり」の手引書」。
まだ読んでいる途中ですがすごく興味津々です。
冷えとりで人生が変わる、この本はそんな驚きの事実を発見できます。
自分は冷え性ではないと思っていても実はしっかり体は冷えているのかも。
冷えを解消することで気持ちも穏やかになったり、毒素を出せる体に変わっていったり、まさに自分が変わっていけるんですって。
この一冊を読み終わる頃には半身浴を楽しむ自分にかわっているのかも。楽しみです。


暖めると代謝があがる、とか半身浴がいい、とか漠然と知っていることでしたがなぜいいのか、そういう内容が詳しく書いてあるのでなるほどなるほど、と納得できて、早速実践したくなります。

靴下の4枚履きとかはやっていないけど、自分の出来そうなところから始めたいです。
それから現代の日本人は食事摂取しすぎ、ともかいてありました。
食べすぎは感覚が鈍り、負のスパイラルに陥っているのですね・・・。
自分のために、食事の仕方も見直そう、そう感じる一冊です。

それに関連して、長年ダイエット宣言を掲げていますが、
やっぱりどこかで真剣に向き合ってみないと変わるわけがないよね・・・と
そのことが最近ずうっと頭の中においています。

今きれいにならなくていつきれいになるの・・・?
この言葉を自分に浴びせてGWは取り組みたいと思っていますよ。

そしてBeautyつながりで。
0503-4.jpg
Sisterの韓国のお土産ハンドクリームです。
わたしが選んだのはブルーのロンドン衛兵さんが可愛いハンドクリーム。
0503-5.jpg

“美しい”とは顔や外見とざっくりしたことじゃなくて、手であったりかかとであったり、しぐさであったり、表情であったり、言葉であったり、基本は健全なメンタルであったり・・・ああ、あれもこれも足りないことばかり。
足りないことばかり嘆かずできることをやっていく、そんなGWにしたいと思ってます。

posted by クロワールCafe at 09:24| Comment(0) | Beauty

2012年05月02日

Mother Teruko's Garden

いよいよ田舎のお庭も色とりどりのお花が咲き始めましたよ。
0429-8.jpg
庭を見守るようにみているふくろうさん。

ここからは黄色のお花が続きます。
0429-1.jpg
ものすごい勢いで庭に広がってます。

0429-2.jpg
花火のようなお花のさんしゅう。

0429-3.jpg
黄色と緑が最高!れんぎょう。

0429-5.jpg
この季節に欠かせない水仙。

0429-4.jpg
近づくと吸い込まれそうなほどいい香りのヒヤシンス。

0429-6.jpg
日当たりのよいところで育っているかぼちゃの芽。
むくむくと土をもちあげてます。

0429-7.jpg
つくしもこうやってみてるとかわいいけど、葉っぱはスギナといって
採っても採っても生えてくる草に毎年悩まされます。

Mother Terukoさんはかたくりの花を大切に保護しているのですが
もぐらが根っこを食べちゃうので思ったように咲きません。
かたくりというだけにおいしいのかな・・・。

0429-9.jpg
これはTerukoさんが玄関に活けたお花です。
わたしは母の活花のセンスが大好きです。
今回はアジサイの鮮やかな枝の芽と、ピンクのヒヤシンスをアレンジしています。

0429-10.jpg
我が家の玄関の煉瓦に生えている芽です。

0429-12.jpg
なぜかここだけちょっとヨーロッパ風。
小さいころからここがなんだか好きでした。

昨日も書きましたけど田舎で見るお花は色が鮮やか。
空気も澄んでいるし時間はゆっくりと流れて、そういう中にいると自然と自分も穏やかな気分になります。
きっと忘れていることを思い出させてくれる場所なんだろうな。
posted by クロワールCafe at 09:03| Comment(0) | ガーデニング

2012年05月01日

田舎の春。

見れないかなぁと思っていたら山の桜は満開でした。
hanami-1.jpg
畑の角で咲き誇る桜です。かなり樹齢もいっています。

hanami-2.jpg hanami-3.jpg
老木の貫録があります

hanami-4.jpg
これ言われないとわからないけど畝に沿っているのはちっちゃなほうれん草。
甘くておいしいの。

hanami-5.jpg
正直気持ちがわるいと思ってしまうのですが・・・おたまじゃくしが大量に。
この形からカエルに代わっていくのはほんとに不思議〜。

hanami-6.jpg
老木の下の老夫婦、あっ、両親です。
なんか後ろ姿がいい景色。
天気がいいからお弁当を持ってきました。

hanami-7.jpg
田舎でみるお花はどうしてこんなに鮮やかなんだろ。

このあとMotherTerukoさんと歩いて近所のお花見探検にいきました。

hanami-8.jpg
後ろの景色が田舎でしょ?田舎好きのために。

hanami-9.jpg
わたしが小学校のころから咲いていたグランドの桜です。
たくさんの小学生を見守ってきてくれたんだねー。ありがとう。

hanami-10.jpg
グランドのとなりはお墓なのです。入口のピンクの強い桜です。

hanami-11.jpg
お墓の隙間に咲いているすみれ。
こういうお花をみるときゅんとします。
やっぱりわたしは華々しいものよりこうやってひっそりと美しいお花が好きなんですね。

hanami-12.jpg
しだれ桜の妖艶さはお墓と相性がいいですね〜。

hanami-13.jpg
都会の人にはびっくりする景色かな・・・?見渡す限り山・山・山。

hanami-14.jpg
鬼無里のお寺、松厳寺(しょうがんじ)のしだれ桜。
別府さん!懐かしいでしょー?

hanami-15.jpg
お寺の前にある昔の建物と桜です。

hanami-16.jpg
ふふ、「ザ・田舎の風景写真」。

Mother Terukoさんはこのあと近所のおばあちゃんと
話しでもりあがっていたので先に帰りました。
そのおばあちゃんは小さいころ、牛をつれて歩いていたので(それもすごいでしょ)
牛もーものおばちゃんと呼んでいました。
数年前までは道であって話もしていたのに、すっかり私の存在は忘れちゃったみたいで
母に「娘さん?幸せだねー」なんて話していてちょっとさみしかったな。
でもひなたぼっこして過ごしているおばあちゃん、元気そうでわたしもうれしかった。

わたしの田舎は、鬼の無い里と書いて「鬼無里(きなさ)」と読みます。
隣の戸隠(とがくし)は江原さんがパワースポットと言ったおかげで
いまだにものすごくたくさんの観光者が訪れています。
その隣で目立たず、ひっそりとしているこの田舎がわたしは大好きです。

むしろそんなスポットにされなくてラッキーだと思っています。
わたしの中ではここがものすごいパワースポットだと思っていますから。
観光で荒らされては自然が台無しになっちゃいますからね。

写真で皆さんものどかさを味わってくださいませ。

posted by クロワールCafe at 09:55| Comment(0) | Beauty