2011年09月24日

ピロリ菌の話。

110924.jpg
朝顔、今朝久しぶりに一つ咲きましたよ。鉢の足元でこそっと咲いていました。ういやつ。
そして今まで咲いたお花はぷりぷりの種に変化してきていますよ。

さて、先日とあるお医者さんのお話を聞く機会に恵まれました。
その内容は衝撃的なことがたくさんありました。

ピロリ菌とは胃の中で生息する病原性細菌で、聞いたことがある人も多いと思います。
実は胃癌にかかる99%の方にピロリ菌に感染しています。
除菌することで胃癌を防ぐ確立もとても高いということが分かってきました。
また、感染の確立からすると、20代の人が20%、30代の人は30%と、年代の数字に比例してあがっていくようです。

医療の世界ではこのピロリ菌、ものすごい画期的な発見であるにもかかわらず、
日本ではなかなかこの事実が浸透していないようです。
原因の一つとしては、ピロリ菌検査は保険適用にならないので、検査と薬は実費となるからかもしれません。病院によっても金額が違うらしいのですが検査が約2万円、薬が2万〜4万円ぐらいだったかな・・・。
(話を聞いた先生のところはとても良心的なお値段です。)

金額だけ聞くとちょっと高いと感じるかもしれませんが、病気になってしまってからでは遅く
健康のための予防だと思えば早く調べるのに越したことはありません。
(といいながらCroireもこれからです・・・。)
今までの血液検査などでは実は結果がグレーゾーンであった、ということも衝撃的でした。
現在は息を少しとって調べるだけでかなり正確に検査ができますし、時間も20分程度で終わるそうです。
先生のところではその場で結果をお知らせするので二度手間にならないというのも大変魅力です。
結果ピロリ菌に感染していれば渡されたお薬を服用するだけでほぼ除菌もできるそうです。

お話された先生は今まで見たことのないすごく面白い先生で、医療の実態を包み隠さず話してくれます。坦々とすごいことを面白く話されます。(本人はいたってまじめです。)
実態を聞くにつれ、日本の遅れを痛感してがっかりしてしまいますが、実態を話してくれることで、先生への信頼が高まることを実感しました。

話は違うかもしれないですが、政治もそうだと思います。変に事実を包み隠すよりも、
実態を説明してくれたほうがわたしたちはその先どうしようかと一緒に取り組むことが出来るのではないかな、と感じました。

でもCroireも政治家に愚痴をいうのではなく、自分ができることをしていきたいです。
些細な発信でもこれは伝えたいなあ、とか、見て欲しいな、というものを発信していきたいと思います。

そうそう、お話を聞いた先生は予約をすればピロリ菌検査はもちろん、体のことなんでもカウンセリングしてくださいます。ピロリ菌検査についてもきちんと説明してなるべく金額的にも負担がかからないように対応してくださるそうです。

Croireも検査はこれからですが、ピロリ菌の話をまだ知らない人がいたら教えて行きたいと思います!

今日も朝から青空が広がりましたね!

Croierは今日は自由が丘を堪能する予定です。

posted by クロワールCafe at 07:53| Comment(0) | 健康