2011年08月22日

Mother Teruko's Garden

田舎に帰ってきました。
我が家の庭には紫陽花がまだ咲いていました。びっくりです。
0820-3.jpg
この紫陽花は庭の奥であまり人目につかずにそっと咲いています。
紫陽花は切花としては難しいので、庭の奥できれいに咲いているのを見に行くようにしています。

0820-1.jpg
こちらの紫陽花は新参者?の気がする。庭のいい場所を陣取っています。
なんともいえない日本の青色です。

0820-2.jpg
こちらのヒペリカムは誰がどこから持ってきて植えたのか謎の植物。
こんなにきれに咲くまでは、Mother Terukoさんに、Croireがどこからか勝手に植えたに違いない、という憶測で犯人にされていました。
かわいらしい実をつけるヒペリカムは今やお盆のお花や、切花としてとても重宝にされています。

さて、Terukoさんは買ってきたお花や、庭のお花を使って玄関や床の間に生け花をします。
季節のお花を上手にあしらっていて、そのセンスはなかなかのもの、常時ではないけれど、それを見るのが大好きです。

空気のせいか、庭の植物はすべてが色鮮やかに、伸び伸びとしているように見えます。
そして、今回の帰省も、家でご飯→お茶→休息→ご飯→お茶・・・というまったりまったりの時間をすごし、少々?ぽっちゃりして帰ってきました・・・。それもそのはず。

土曜日の晩、うちよりもさらに山里奥深いところにあるお風呂にいってきました。
公共の宿 奥裾花温泉 鬼無里の湯
その日は雨も振り、少し冷え込んでいたので、三人でお風呂の後、そこのレストランのラーメン(しかもチャーシュー麺)を食べて温まって帰ってきました。
それから1時間後・・・、おもむろにMother Terukoさんが台所で薄焼き(小麦粉を使ったホットケーキの和風バージョン)を作り出して、朝のなめこのお味噌汁とセットで頂きました。
・・・もしかして一日5食ぐらい?といいながらもペロッと食べちゃいましたけど。

そして昨夜は父がゴルフを終えて、その後のお疲れ会で久しぶりのお酒に酔っ払って帰ってきました。調子にのって三千円お小遣いをくれました!ラッキー☆
(Mother Terukoさんもそれに乗じて何かの集金のお金を回収していました、さすが性格を知っている。)
日頃けちな父は今頃悔やんでいるかも。ふっふっふ。ときすでに遅し。

この二日間、Mother Terukoさんは近くのお寺の合同法要のお手伝いにいきます。
CrorieはTerukoさんの分も家の中の掃除や食事の手伝いをしたけど、う〜ん、お料理だけはなかなか腕をあげません・・・。
お寺のお手伝いはTerukoさんは長年やっていますが、そろそろ世代交代をお願いしたいと和尚さんにお願いしているそうです。でも、手伝わなくても来てくれて皆さんに指示してくれればいいよ、と言われるそうです。
Terukoさんの性分ではそんなことできるはずもなく、今日も疲れてかえってきたことでしょう。

しばらくはゆっくり休んでね!
posted by クロワールCafe at 23:50| Comment(0) | Mother Terukoさん