2011年07月31日

お気に入りのSoloブレンダー そのよん

夏の食卓。

0729.jpg

色の加減で少々寂しげな食卓に見えるかも知れませんが(笑)
かぼちゃのスープとモロッコインゲンの和え物です。

Mother Terukoさんが送ってくれたお野菜です。
モロッコいんげんは実家の隣のお豆腐屋のおばちゃんから頂いたものだそうです。
お味噌とお砂糖とお酒であえるだけですが、この食し方が一番好きです。

かぼちゃは皮ごとゆでたのを豆乳と一緒にブレンダーにかけました。
スープというよりもピューレに近いぐらいの濃さになりましたが塩とこしょうで味付けをして
美味しく頂きました。

夏には夏の野菜を、と思いクーラーも止めて味わいました。
posted by クロワールCafe at 10:06| Comment(0) | グルメ

2011年07月27日

お気に入りのSoloブレンダー そのさん

現在もブレンダーのジュースを朝食として楽しんで飲んでいます。
先日新聞記事にとうもろこしのレシピがあったので、本日の夕食に作ってみました。

00727.jpg

レシピにはとうもろこしを生のまま、と書いてあったので
そのとおりに作ってみました。

味付けは塩とこしょうのみです。(豆乳も入れました)
予想以上に甘い!
生にすることで大変フレッシュなスープとなりました。

味の違いを比べてみたいので
次回はもろこしを一旦ゆでてから作ってみようと思います。
生のほうが栄養がそのまま摂れていいのかな・・・。

Mother Terukoさんがかぼちゃをいくつかにカットしたのを送ってくれたので
今度はかぼちゃもTryしてみようと思います。

お楽しみに。。。
posted by クロワールCafe at 21:48| Comment(0) | グルメ

2011年07月26日

Mother Terukoさん手作りお野菜で

畑で採れたての野菜をもらって帰ってきました。
ちっちゃなピーマンと、なぜかたまにとても辛いししとうと、
巨大化する前のきゅうりと、もろっことナスです。

畑といっても、Mother Terukoさんや父が家で食べる分を作ってますが、
ナスやきゅうりはトップシーズンになると消費が追いつかないぐらいとれてしまいます。

それにご近所さんも皆さん同じ野菜を作っているにもかかわらず
それぞれの野菜を下さるという不思議な連鎖が起きています。

そのせいなのか、Croireがただ単に貧乏性(性ではなく貧乏)のせいか、
お店のナスやきゅうりはなかなか買う気が起こらなくて・・・。
というわけでナスは今年初めて自分で料理しました。

0725.jpg

一見ラタトゥイユですが、キムチと豚肉とお野菜をいためてトマト(これは缶詰)で煮込みました。
Mariっぺさんに以前教えてももらったお料理をアレンジしました。
たしかコンソメを入れるのですが、Croireはなかったのでそのまま塩を加えて味付けしました。

野菜そのものの味を舌で感じながら、手作りの野菜という安心も加わって
美味しく頂きました。

野菜作りは手間ひまがとてもかかるので作ったMother Terukoさんたちや
お野菜や周りの自然の環境に感謝です。

posted by クロワールCafe at 22:08| Comment(0) | Mother Terukoさん

2011年07月25日

そら 長野の空 2

夕方が特に美しい季節。
でも、長野の空は季節問わず、無条件に美しいです。

0723.jpg

Sisterと買い物の帰りに見えた空。
ピンクがかって、それがとても光沢があるように見えて
うっとりするような細かい雲がたくさん浮かんでいました。

0724.jpg

これは帰りのバスから見た景色です。
帰りはいつも楽しかった思いとか、何かをぼんやり思いながら窓の景色をみてきます。

0724-1.jpg

どこまでも続く山々と、どんどん形を変えながら続く雲と空。
顔を上げると当たり前のように空が見えるからずっと見続けるけどあきないなあ。




posted by クロワールCafe at 21:02| Comment(0) | 自然・植物

2011年07月24日

Mother Terukoさんとうなぎ

Mother Terukoさんのお誕生日会はうなぎにしました。
土用丑の日に近いし、暑い夏をのりきろう!という意味もこめて。

0723-1.jpg

今年は長野の浜名屋さんに行きました。

香ばしくて、さっぱりとしていて、お米も美味しくて、
たっぷりのご飯も美味しく頂きました。
Mother Terukoさんも去年よりたくさん食べた!と満足の様子です。
二階のお座敷の部屋で、ほかの方もたくさんいらしたけど
Croire家だけが別のうなぎやさんの話をしたり、(失礼ですよね)
並と中と上の違いについて話したり(品がないですよね)盛り上がってしまいました。

その後は、少し車を走らせてりんごの湯にいきました。

天井が高くて、日差しもたくさん入って、土曜日なのにわりと空いていて
すごく快適です。ピアノのBGMが聞こえたときは感動しました。
(長野をばかにしているみたいに聞こえますが・・・)

東京では考えられないけど、入湯料は400円。長野はそういうお風呂がたくさんあります。
広い休憩所があって、Myタオルで熟睡している人もたくさんいます。
この辺はりんごやぶどうなど果樹園や畑がまわりにあるので
農作業後のお風呂や休憩として使っている人も多いのかもしれません。

休憩所はお食事もたのめるので、食べ物持込禁止とうたっているにもかかわらず
皆さんわりと堂々と持ち寄ったお料理やらお菓子やらを広げてくつろいでます。
まあ、ご他聞にもれず、Mother Terukoさんも夕顔の煮物を筆頭に
あられやどら焼き、お団子、甘いパン・・・続々テーブルに登場しました。
うなぎを食べたばかりだというのに・・・。でも、食べられるから不思議。

毎回のことながらほぼ全員がしゃべっている状態になったり、
常に話題が2テンポぐらい遅れてくる父がいたり、(それを無視したり)。

その中でも面白かったのが、父が
浜名屋といううなぎやさんに行ったのに、住吉といううなぎやさんと混ざって
必ず「浜吉」といってしまうこと。
そして、住吉さんのそばを偶然通ったら、看板に「うなぎのお宿 住吉」と書いてあり
うなぎのお宿とは誰のお宿なのかと話が膨らみ、うなぎのためのお宿で、
うなぎの寝床みたいにきっと寝ている、とかそれぞれの妄想を話ながら通り過ぎました。
笑いが止まらなかった。

先日、Mother Terukoさんと父が、いつもお世話になっているご近所のご夫婦とうなぎを食べに行こうと約束をしていたようなのですが、体調崩されていかれなくなったので、テイクアウトしてうなぎを食べてもらおう、という話になり、お風呂の帰りにまたうなぎをとりに行きました。

そういう気遣いをするMother Terukoさんたちが好きです。

楽しい一日でした。
posted by クロワールCafe at 23:10| Comment(0) | Mother Terukoさん

2011年07月21日

進化する日傘

お気に入りの折りたたみ日傘を探そう!と思って早何ヶ月・・・。
連休中、有楽町に出かけたのでITOCIAとか見てみました。

日傘やハンカチの小物売り場はこの季節女性の人だかりがすごいですよね。
日傘や小物を毎年買うわ、という方が主流なのでしょうか。

思い切って人だかりの中に入りました。
大きな声を出してがんばっている店員さんの呼び込みによると。
    ↓
去年買ったから今年はいらないわ、と思ってる方!
今年の掘り出し物は昨年から人気の遮熱効果のある傘が大変お買い得です。

また、日傘は白や明るい色は効果が違うと思っている方!
紫外線からブロックしてくれる効果は変わりません。
ぜひピンクやブルーなど、明るい日傘を一本いかがですか!

と。

たしかに傘のタグを見るとすごい。

一級遮光生地使用
晴雨兼用パラソル
遮光率 99.99%以上
遮熱効果 25%以上
UV遮蔽率 99%以上

すごい。
特に惹かれたのは「遮熱」。
別の百貨店の販売員さんによると、3度は違うらしい。
その販売員さんも使っているけど確かに違う、と感じるそう。
(感じると答えない店員さんもいないとは思うけど・・・。)

長く使えるお気に入りの一本を探そうと思ったので
時間をかけていろいろ見てみると
遮熱効果がないものもたくさんあり、
たいがいそういうタイプはデザインがすごく素敵なんです。

店員さんの説明によると、機能を優先すると、刺繍など繊細な加工が
しずらいので、デザインと機能を兼ね備えるのは難しいとのこと。

じっくり検討して決めたのはこちら。帽子の老舗、ボルサリーノの日傘にしました。

0722.jpg

茶色が落ち着くのと、縁の刺繍が素敵で、
自分がこれをさしているイメージが浮かんできました。
もちろん先ほど書いた機能全部そろうのを探しました。

生地がどうしても厚くなってしまうので
折りたたみに少々苦戦しますが、紫外線や熱から守ってくれるなら
その一手間を惜しんではね。

プラスアルファで、指にやさしいはじきカバー付という設計です。

使い心地もコメントできたらよかったのですが
台風の影響やらで大変涼しくて、遮熱効果を感じる体験までいたっておりません。

3度もさがるとしたら嬉しいですよね。

何年かぶりに売り場をみたとはいえ、進化している日傘に感動するCroireでした。

posted by クロワールCafe at 23:52| Comment(0) | Beauty

2011年07月18日

お弁当箱

新しい生活パターンの一つとして、お昼はお弁当を作っています。
お弁当を作る習慣ができてきたので、100円タッパー生活にさよならをすることにしました。

lunch.jpg

せっかくだからお気に入りを探そうと思い、自由が丘探索しました。
写真のお弁当箱は、「私の部屋」で見つけたのが気に入りました。塗りお弁当箱といって布貼り風の仕上がりです。

お箸袋は自由が丘を捜しても意外と気に入るものがない。
Sale期間でお安いのがあったけれど、柄がどうしても納得できず。

そこで思い出したのが、田園調布の「置地廣場」。
田園調布駅の駅ビルの2階にあります。
和風の雑貨屋さんていろいろタイプがありますが、ここのお店はとてもセンスがよいと思う。
すっきりしたレイアウトで、思わず手に取りたくなるようなグッズがたくさんあります。
母にプレゼントとして購入した木蓮の急須もこちらで購入しました。
華やかな気分になる急須です。

お箸袋もいろいろありました。和風だけどキウイの柄だったり、お茶目だなと思う図柄がありました。今回は一番といっても過言ではない、楽しみなお昼タイムをさらに楽しくしたいので、おかめとひょっとこ柄の袋にしました。

そういえば、お箸も以前こちらで購入したものだから、袋ともとても相性よさそうです。

お弁当箱やお箸袋が可愛いから、ますますお昼を待ち焦がれるCroireです。



posted by クロワールCafe at 20:49| Comment(0) | 日記

2011年07月14日

Mother Terukoさんとセミ

母が朝起きて庭に出ようとしたら、つっかけ(自宅用サンダル)に何かがくっついてました。
なんだろうと近づいてみると、今まさに抜け殻か出ようとしている小さな小さなセミ。

グリーンの色をしたその小さなセミは一生懸命成長していて
あくる日もまた、体に抜け殻をつけたまま、でも着実に成長していて
Mother Terukoさんはそのセミを大切に手のひらにとり、
空に向かって広げたら、セミはまっしぐらに空に向かっていったそうです。
(内心ぽとっと落ちるかなと思っていたそうですが・・・)

鳥をそうやってあげる話は聞いたことがあるけどセミは初めて。

でも特ダネのように話すTerukoさんは嬉しそう。

抜け殻をつけたままの小さなセミを見ることだって確かにすごい確率だものね。
話を聞きながら、何にも邪魔されない真っ青な田舎の空を想いました。

話は変わって、
Croireは明け方の夢で熊に襲われそうになりました。夢の割にはリアルな部分もあり怖かった。
だからMother Terukoさんに熊にはくれぐれも気をつけてね、と朝電話しました。

夢の熊と、現実のセミのブログでした。
posted by クロワールCafe at 22:54| Comment(0) | Mother Terukoさん

2011年07月13日

気分を「涼」に。

毎日こう暑い日が続くと、いかに涼しく感じるかが課題となってきます。

シンプルに思いつきました。「風鈴つけよう!」
0710.jpg

お気に入りの風鈴を探したいところですが、いざ探そうと思うと見当たらないし、本格的過ぎるとお値段もホットすぎて、かといってあちこち探す気力体力もなく・・・と思っていたら、100円ショップで風鈴を見つけました。
色もいろいろあるし、音も少しずつ違うので真剣に鳴らしながら吟味しました。
高めに音が響く風鈴を選びました。

ベランダに早速つけました。
「チリンッ」これこれ、いい感じいい感じ。涼しいぞぉ。

「チリンチリンチリンッ」・・・と、風流の域を超えて鳴り続けることもたびたびあり
お隣の人がどう感じているかが多少気になるときもありますが・・・。(汗)

そして、風鈴の下ではすくすくと朝顔が成長しています。
グリーンカーテンの役目までは期待していませんのでどうぞ無事に成長してください、と、誰にも見えない、猫の額のようなベランダを見るのが楽しみなCroireです。


posted by クロワールCafe at 21:31| Comment(0) | 日記

2011年07月12日

フェイスブックについて

『フェイスブック若き天才の野望』 デビッド・カークパトリック
facebook.jpg

しっかりと厚みのある本を読破できるか不安でしたが、ハーバード在学中にフェイスブックを立ち上げたザッカーバーグが世界のフェイスブックになるまでの過程にすっかりのめりこみました。

ザッカーバーグ自身もここまで広がるとは思っていなかっただろうけど、作ったときの信念が一貫していることでつぶれることがなく、つながっている。そんなザッカーバーグはほんとに素晴らしい。
アメリカで成功するということは、大きな企業が常にお金という手段で買収していくというのが常識ではあるが、彼はお金儲けのために立ち上げたものではなかった。だからこそ簡単に売るということはしなかった。
アメリカでは常識だったから、簡単に目的を変えないザッカーバーグに対しての圧力というのはかなりのものがあっただろうなと思う。
最初に立ち上げた頃、まわりの圧力から守ってくれたパーカーという人もNapstarを立ち上げたり、この世界では耳にしたことがあるソフトを立ち上げた人がまわりにごろごろしている。
Napstarもそういえば聞かなくなったなと思ったけれど、やはりその裏には一緒に立ち上げた仲間の不和であったり、買収、訴訟など常に絡み合っていることが多い。

ザッカーバーグは儲けることには一切興味がないがゆえに、いつもTシャツに短パン、サンダルという格好が定番で、次々に知り合っていく大きな会社の役員たちをびっくりさせている。
学生から起業したためか、オフィスも飲み物や食べ物を食べっぱなしでちらかしているのが常で、いかにも典型的なアメリカの大学生。そんなザッカーバーグはフェイスブックが誰にも予測できない勢いで浸透していくなかでCEOとしての役割も避けられない道になってくる。

本の中で印象的だったのは、社内のリクルートをまかされたロビン・リードがザッカーバーグに対して本音をぶつけたときのやりとり。
ザッカーバーグの考えていることが分からない、と社内が不満でいっぱいのときに「会社を売るつもりがないならCEOのレッスンを受けないといけない、そうでないとうまくいかない」と本音をぶつけ、ザッカーバーグもまた、「やっと本気で話をしてくれた」と喜び、数週間の間に企業リーダーとなる術を教えるコーチについてレッスンを受け始めました。幹部たちとの話し合いの場面を作ったり、全社員のミーティングを召集したり行動に移したのです。
「社会を通して自分は学んでいる」、と口にする素直なザッカーバーグは、人として魅力を感じた。

ザッカーバーグはもともとそんなに口数が多いわけもはなく、愛想もけしてよくない普通の学生でした。けれど、それはイコール、簡単に話しに便乗せず、相手の話ていることを理解するまで質問し、自分の中で答えがでるまで考える、という彼の思考パターンが一貫してどんどん大きな組織につながっていく人脈の広がりをみせていきます。

アメリカは学生でも自分の主張をはっきりと伝えるし、おかしいと思えばすぐにそのことを何らかの方法で伝える。だからこそフェイスブックも透明性のある社会、自分に責任をもてる行動を促すツールということで一気に浸透しました。
ザッカーバーグは最初からフェイスブックというツールを通して、社会を変えたい、透明化したい、政治を変えたい、と思って立ち上げました。

自分もですが、日本の学生ではそういう発想がまずない。
政治に関心もあるのか分からないし、不満はあってもだからといって自分の強い思いを持つわけでも、伝えるわけでもない。(・・・と思う。みんなではないけれど。)

この一冊を読みながら自分のこと、政治のこと、ネットのこと、お金のこと、友達のこと、常にいろいろなことが頭をめぐります。そしてザッカーバーグのフェイスブックに対しての一環したメッセージに刺激をうけ、勇気付けられます。


政治をかえる、社会をかえる、そして歴史がかわる。

「本当に政府の仕組みが変わっていく。より透明な世界は、より早く統治された世界やより公正な世界を作る」
ザッカーバーグの信念です。

posted by クロワールCafe at 21:35| Comment(0) | Book

2011年07月11日

意外な一品 豆乳とトマト

クックパッドで見つけた「豆乳とトマトのジュース」。
どうだろ・・・と半信半疑でやってみたところ、美味しい!

クックパッドにはお砂糖とありましたが、
Cloireは蜂蜜にしました。あとヨーグルトも入れてみました。

0708.jpg

ちょっとお腹がすいたときや、さっぱりとしたデザートが欲しいときにあいますよ。

色も赤と白がまざってきれいな色になりました。
posted by クロワールCafe at 20:30| Comment(0) | グルメ

2011年07月10日

お気に入りのSoloブレンダー そのに

「緑のスムージーでハッピー」
6月7日の新聞記事に掲載されていました。(一部記事引用。)

生の葉野菜と果物、水だけを混ぜ合わせたローフードの「グリーンスムージー」。
不足しがちなビタミンやミネラルを補えるのでじわじわと30代女性を中心にファンが増えているのだそうです。

グリーンスムージーとは?

モデルのSHIHOさんもオススメしているそうです。
Croireは果物中心でしたが、グリーンスムージーも取り入れることにしました。
最近は小松菜を入れることが多いですが、葉野菜ではないキャベツやトマトも入れたりしています。記事には、ホウレンソウ、チンゲンサイ、小松菜、パセリ、セロリ、三つ葉など紹介されています。

作家の山本一力と妻の英利子さん夫妻は一リットルを飲み始めたら、三ヶ月で3キロやせたそうです。
できれば1リットル飲むといいらしいのですが、少量でも毎日飲むことがポイントだそうです。

葉野菜4にたいして果物6が飲みやすい比率だそうです。お水の量はお好みで。
Croireはお水ではなく、豆乳を入れています。

【関連サイト】
グリーンスムージー情報総合サイト
Croireも8月、ワークショップに参加してみます!

モデル・ヨガインストラクター吉川めいさんブログ

その他、ローフードにこだわっている方たちのブログにたくさんヒットしました。
食事に気をつけている方が多いことを知って、なんだか少々あせるCroireです。あせあせ(飛び散る汗)ローフードに興味を持ち始めました。8月のワークショップが楽しみです。

posted by クロワールCafe at 12:02| Comment(0) | グルメ

お気に入りのSoloブレンダー そのいち

昨年、自由が丘のTIMELESS COMFORTで一目惚れしたソロブレンダー。

blender.jpg

Croireには欠かせない一品となりました。
朝はこのブレンダーでミックスジュースを作ります。
レシピにはいろいろな飲み方がのっています。
毎朝ジュースにすることで、時間も助かるし、規則的となり何よりも体が調子がいいなと感じました。

CroireのホームページのFavoriteページでもオススメしています。
オリジナルレシピもリンクのせましたので気になる方はぜひダウンロードしてください。

Croireは気に入ると熱烈な信者となりまわりの方にもついついオススメしてしまいます。
なのでソロブレンダー仲間も何人かいます。
お仲間の皆さんはどんな使い方しているでしょうか・・・。

シンプルで、コンパクトで、ロングセラーになってきたらしく、カラーバリエーションも増えてきたようです。
(Croireのときは白とピンクのみでしたが、今はオレンジとグリーンがあります)

朝は、季節のフルーツとヨーグルト、豆乳、お酢が定番の飲み方です。
お酢というのは、新聞記事で、毎日お酢をおおさじ一杯飲み続けると中性脂肪があきらかに減る、という実験結果がのっていたので欠かさずいれています。

※新聞記事はコチラから。
見れない場合は、アスパラクラブに会員登録が必要かも。もちろん無料です。

そしてさらに!
朝日新聞にグリーンスムージーを取り上げた記事がのっていたのです。

熱く語りたいので、この続きは次回!

posted by クロワールCafe at 00:32| Comment(0) | グルメ

2011年07月07日

世界旅行

前職で知り合ったお客様のmさん。
現在、世界旅行をしています。

4月に日本を出発し、フランスからスタートしました。
旅の前に震災後もあり、きっと思うこともいろいろあっただろうけど
無事に出発しました。

そんな彼女のブログをご紹介します。

2011.4.15〜 世界一周の旅へ

建物の写真もきれいだし、食べ物のリポートもすごく面白いです。
彼女のブログを通して、世界を少し覗けるような気がしています。

一人で知らない国を旅するのは予想以上に自分を試されることだろうなあ。
ブログの中ではそんな心境もつぶやいていたりします。

彼女によると、世界旅行を旅する場合のルートってだいたい決まっているそうです。
だから旅のあちこちで世界を旅行している仲間たちと、
「あっまたあったね!」みたいなことも起こるとか。なんだか不思議ですよね。

国内も海外もすっかりご無沙汰のCroireは
しばしmさんのブログで海外の気分を味わうことにします。
posted by クロワールCafe at 22:37| Comment(0) | 日記

2011年07月04日

やむなき旅人

作家の平安寿子さんおすすめの、アンタイラーさんの「アクシデンタル・ツーリスト」をよみました。

an.png

平さんのペンネームもアンタイラーさんから来てるとご存知でしたか?
読み始めはなかなか先が読めないし、こういう男性好まないなあ・・・と読んでました。
映画でいうと恋愛小説家の主人公みたいなちょっと小難しい男性です。
でも!まさにそこがポイントです。

アンタイラーさんも平さんも、読みすすめるうちに自分もその物語の中に入っている感覚になるところが素晴らしい。
最後までどうなるのかわからない結末にわくわくしたり、展開によってちょっとがっかりしたり、を繰り返し、あっという間に読み終える感じです。
気づいたことは、最初に強く感じた、「こういう人いやだなあ・・・」って感情は一人の人間の良さを違う角度からみるとそうなる。
そして、人生の中で、自分でもうまく出せない自分をどんどん引き出してくれる人と出会えるようになっているのだと感じました。

久しぶりに時間さえあれば読み進め、どっぷりとつかった読書でした。
週末はこの映画も探しにいってみようと思います。

訳だと「やむなき旅人」。タイトルにもうまく内容が絡まっていて
アンタイラーさんのすごさを感じます。オススメです。
posted by クロワールCafe at 22:52| Comment(0) | Book

2011年07月03日

山法師の花

長野のとってもとっても美味しいレストラン、アリコ・ルージュの入り口に咲いています。

山法師(山帽子とも書きます)
110703.png

花びらの上品な白さと濃い緑が、初夏の日差しにとても似合います。

毎年咲いていたっけ?と思うぐらい、今年はすごく目立っています。
山法師の花びらをアップでみる機会はなかなかないので、
こんなに近くで写真を取れるのは嬉しいですね!

ハナミズキにも似ていると思ったら、ミズキ科でした。
ミラーボールのような赤い実がこの後なるようです。
食用で甘いんですって。食べてみたい!!


posted by クロワールCafe at 23:46| Comment(0) | 自然・植物

そら 長野の空

長野から東京へ帰る高速バスからの空です。
何枚シャッターを押しても、一枚一枚空が変わるから
いつまでも押し続けました。
0630-01.jpg

そのときの楽しい気持ちも切ない気持ちも寂しい気持ちも感じながら
シャッターを押して、空を撮ることで気持ちの整理もしているような気がします。

0630-02.jpg
「山が青い」。
東京から友達が来たときに、車の窓から外を眺めてつぶやいていました。
「山が青い」。
山を見慣れていないと、こんな風に感じるんだと、新鮮な気持ちでききました。

田舎の空は格段にきれい。
空だけでなく周りの山も樹もすべてが一緒になって断然きれい。

自然に囲まれていると、呼吸も自然と深くなっていると最近思います。
空が青い。
山が青い。
限りなく青い。

posted by クロワールCafe at 00:06| Comment(0) | 自然・植物